無料ブログはココログ

亀仙流医学

2017年5月12日 (金)

気の働き2

      

        体の面はそのような方法で病気を治療するが、精神面の病気は、吐く息と吸う息で治す。
        長い吐く息をすると、精神が安定する、吐く息が長くないと、精神的に衰弱しする。
        吸う息が多い欲望が高まり、餓鬼と修羅の世界(地獄)になる。今の世界です、食事のことのみを思考している状態で、過食はあらゆる病気の原因である。

2017年5月11日 (木)

気の働き

       

        気は如何なる気は呼吸の作用によって、詰まるところ、吸う息・吐く自分の体と心を守ってる。
        人間は両方のはなから同時に呼吸しているのではない、普通は左右の鼻から交互に呼吸している。
        風邪を引くと、風邪の原因は、過剰な栄養で、体内に血液がなた濃くなり、細菌が発生する。
        すると左の鼻が詰まり、陽の右鼻から呼吸して体温を上げる、細菌は三十六度の体温で生活しているから、それ以上に上がると死滅する。今度は陰の左の鼻から呼吸して、体温を下げ平熱にする。
       
        続く

2017年5月10日 (水)

気の調整

    

      人間は食べもので生きているのではない、タイのココナッツ坊やとその弟子は、椰子の水だけで生きている。
      しかし、動物は首をしめられると、寸時に死亡するのだ、この事実は動物が気で生きていることを証明している。
      如何なるメカニズムによって、気は発生するか、太陽から受けた気は左手から入り、心臓に至り、西洋人はここで止まる、東洋人は気は丹田までいく、西洋人と東洋人は別種種族である。
      根本の理由は、農耕民族と狩猟民族の差である。
      どちらが優れているかというと問題なく、東洋人である。

2017年5月 9日 (火)

不明の現代医学

         

      現代医学は、気というものを知らない、単に目に見える物だけを探求している。
      しかし、日本人は気の重要性を知っていた、故に、病気・活気・精気・気遣い・気力等で、全てのことが気で成り立っていた事を知っていた。
      これは日本人の叡知である、西洋医学は目に見えるものだけ追求した、それは栄養学である。
      その結果過剰栄養で『過ぎたるは、及びがたし』病人が続出ある。続く
      
      気の調整に夜、真の医学とは。

2016年11月12日 (土)

  栄養士と言うチリメンジャコみたいなオバハンが、陰陽虚実と中道の理論をしらいで、間違った理論吐いとる、困ったものだ、ミノモンタ目茶苦茶である。
万物には陰陽虚実と中道がある、全ての理論はこれで解決する、夏は陽・冬は陰
・春は実・冬は虚である。
食べ物は全て、この理論に支配されている、食べ物で言うと、肉や魚類は陽の実である。
地下に深く生えるもの、蓮根・自然薯・人参、牛蒡、陽の虚である最も良い食べ物である。
夏に陽のものを食すと、熱中症になる、今年は肉が元気の基と食し、救急車が走り回っている。
冬に苺やバナナを食し、頻尿になり、前立腺が悪くなる、神の摂理に反してして罰があたった例である。
春は山草等が良いのだ芽吹くものを食し、元気が出で病気が、最も治る時期である。年中食べていいものは、そばである。
そばは土中のバイ菌を殺し、すごい生命力を持ってる、最高の食べ物て、冷やして食すと良いのだ。
中道に属するものは、最高のものは、そばを始め、玄米・7分搗き・全て食するもの貝・海老・ジャコ・柿・納豆・野菜全体、柿やみかんは赤くなると医者が青くなるなる。
悪い食べ物、刺身寿司銅であるが寿司も7分搗きで握ったものは、白米より美味く、よいたべものである。
肉魚名一部を食するものは、最悪の食べ物である。
鯨がオキアミで生きているように、全体食は健康の基である。
全体食を好まない人は病気である。

2016年11月10日 (木)

                          白米と農薬
恐ろしきかな!!!!!
白米は陰の虚である、陰は体を冷し、虚は筋肉を弛緩し、力をなくす、栄養や気『エネルギ-』もなく、食べているだけである。事実は食べない方が良いのだ。
農薬のかかった全ての食べ物は、運動の力を減退し、気『エネルギ-』がなく、鳥も虫も食べない石を食しているようなものである 。
米の害
この化け物のような食を学校給食で食べさせる、子供は本能が発達しているので、食するのを嫌がり、米離れは激しくなる。
馬鹿げたものを食し、栄養失調になる、おかずを山ほど食して、握り拳大の胃は、大きくなり、四キロ以上になる。
病気の原因
それを左の腰の上にのり腰骨は左にずれて、背骨は左に曲がる、そのために内臓を圧迫して、高血圧症・内臓の全ての病気・ガンになるのだ。
首から上は右に曲がり、禿頭・老眼・遠耳・等の病気が発症する。
農薬のかかった白米を止めると。
実体験、一時的には好転現象が起こって、調子が悪くなるが、心配はいらない、小生の体験であるが、自然米の美味しさである。
以前は本能的恐怖から、出来るだけ、米の食事を少なくしていたが、今はなんと二膳は食し、おかずは少なく、自然米が如何に美味しいかということである。
値段は五キロ四千四百円から三千五百円程度であるが、おかずが少ないので、返って安くつく,栄養が余って、肉なんか不味いものは食することが出来ないのだ。
実体験
体力が付、これで土の道を散歩すると、益々元気になる、座禅のときに気『エネルギ-』がは入ってきて、丹田がどぎどきとするのだ。
体にバランスが取れてきたことを感じるのだ。誠に結構である、七分搗きの米の美味いこと、白米のような死んだ米は誠に不味い、戦前は皆七分搗きを食していたのだ。
だから健康であった。
沢山の人に勧めたが、全ての人がブクブクから解放されて、健康になり、病気歯なくなった。
全体食をしていないのは、人間だけだ、鯨はオキアミだけて、あの巨体を維持しているのだ。
全体食、玄米・7分搗き・ジャコ・貝類・のり・野菜の根と葉である。
玄米・7分搗きを食していると、野菜や農薬の混じった青汁等が必要はないのだ。
丹波の米は美味しいので皆さんにお教えします、? 0795-85-4850です。
電話して、注文してください、カメイとおっしゃていだくと、適当にみつくろて頂けます。
注文が殺到すると、品切れになるので早めに、注文してください。
5キロで4400円です。
                                                                      合掌

2016年11月 6日 (日)

医学
        正しい医学
    西洋医学の廃止
     私は西洋医学の廃止を推奨する、何故なら、医者はバ-ビェの仮説から始め、未だに仮説だ。
    如何なる名人でも、時計の修理をするのに原因が分からないで、修理すると時計はメタメタに壊れてしまう、人間も同じだ。
     今の医学は気『エネルギ-』を理解していない、その為に理論が役に立たないので、病気が治る道理がない、病院は棺桶と一緒である。

対症療法※
    西洋医学は病気を治療しているのではない、対症療法なので、痛いと痛みをとる、痛みは病気に対する信号だ。
     信号機をとると、真の原因は分からなる、病気の原因は、昔から気『エネルギ-』と言われている、病気は気『エネルギ-』を病むことで、元気、活気、気分が悪い、陰気、等々、気が損なわれると、病気が起こる。

気の理解と分析
     気『エネルギ-』の理解が出来ないと、病気の原因は理解できない 、気『エネルギ-』とは何か? 人間は食べ物で生きているのではない、気『エネルギ-』で生きている。
    首を絞めると人間は直ぐに死ぬ、気がなくなると、水は一週間、食べ物は一ヶ月、なかには大気からの気『エネルギ-』で生きている人、タイのココナッ坊やとその弟子はヤシの水だけで生きているのだ。

自信を失った医者
    医者は診断しても、原因は老化であるとか、タバコ、塩、体質であるという、患者はその無責任な返事に腹を立てる。
    医者は今や算術である、必要もない手術をして、患者を苦しめる、高いペ-スメ-カ-、要らない手術、人工透析で大儲けしている。
    根本的原因は知らないのだ、金儲けに専念して治療は別である。

東洋医学
    気『エネルギ-』を中心にしている。脈診でも三十八通り?あるそうだ、技術的には難しいが正確だ。
    気『エネルギ-』の流れを調整するのは鍼灸だが、鍼は高血圧とかガンとか慢性的な病気に効く、この方法は技術的に言うと内臓を刺激して、体温を上げることだ可能と思われるので、将来東洋医学が進歩すると、ガンの治療も出来ると思う。

    灸
    灸は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、盲腸、急性の病気によい、腰痛、膝の痛みには特効薬で、灸の跡が残るという文句を言うのがいるそうだが困ったものである。
    灸は熱さで、筋肉が収縮して、終わるとリラックスする、気『エネルギ-』はリラックスした部分に流れ、治癒するのだ。気『エネルギ-』を調整するのは治療法として最善である。
    東洋医学と西洋医学との融和ということで、対談していたが、もともと東洋医学は気『エネルギ-』を中心にしたのだが、間違った西洋医学に引っ張られて、東洋医学が栄養中心になっているのだ、これでは東洋医学は駄目になるのだ、ガンを治すとはおこがましいことである。

西式健康法
    毛管・金魚運動
    毛管運動とは手や足を振る事によって、血管の先にあるグロミュ-という物があるそうだが、振る事によって、グロミュ-が再生されて、急速に治癒する、私や女房子供がお世話になった。
     私の各種の怪我、下痢、女房は喘息、ヒヨソ、子供の怪我を治すことができた。

亀仙流医学
    私の創始した治療法だが、病気の原因は過食かストレスである事を突き止め、過食やストレスが、その防衛のために姿勢を変化させ守る、と言う事を突き止めて、姿勢からの観察、また気『エネルギ-』の流れの変調を察知して、病気を診断して病気の治療法を指示する。
    ガンの治療法も医者と違って、診断が適格なので、間違いなく治るのだ。

亀仙流医学自然療法
    人間は四百五十万年以前は平均寿命は十三才であった、その後、『自己の体内に持っている医者』の研究によって、自然に従うと百二十才近くの平均寿命が人間の医者の能力で出来たのである。
     白隠禅師の説のように自己本来仏なり、人間は体の中に自己の医者も持っていた。

完全な健康法
    胃を小さくする、朝昼の二食にすると、二十時間の食事の間隔が空く、寝ているいる間に胃は小さくなる。

2016年11月 2日 (水)

 

呼吸と生命

 

 生命 

 

 全ての動物の生命を維持してるのは、食べ物ではなく、太陽から送られた気によるものです。

 

 気は左手から入り、心臓を通り、丹田に行き、蓄積される。

 

 

 

 気の働き

 

 脳に上昇

 

 蓄積された気は丹田から上昇した気は脳に行き、思考に使われなくなる。

 

 

 

 下肢に下降

 

 下肢に下降した気は下半身に行き、歩くこと使用される。

 

 

 

 右手の働き

 

 右手に行った気は、書くことや、作業することに使用される。

 

 

 

 病気の治療

 

 病気の原因

 

 人間は栄養が過剰になると汚くなり、腐り、細菌が発生した細菌を殺す為にの作用。

 

 

 

 左右の鼻側の呼吸

 

 左側の鼻から呼吸は体を冷やす、右の鼻から呼吸は体を温める作用がある。生命の維持のためである。

 

 

 

 参考

 

 『人間は鼻からの呼吸は両方の鼻からしているのではない、必ず、交互している、時々両方の鼻から呼吸している動物とは違うのだ。』

 

 

 

  風邪の治療法

 

 風邪を引くと細菌を排除するために、右側の鼻から呼吸して、体温を上げて、四十二度が最高で、四十度を超えると、脳細胞は破壊されるのだ、頭を冷やす必要がある。

 

 熱で細菌は死に、今度は左側の鼻から呼吸は体温を下げて、平熱になる。

 

 

 

 自然治癒には一切栄養は害になる、点滴をして直ぐに死に至るのだ。

 

 

 吐く息・吸う息は、精神病に関係しているが、ここでは省略する。呼吸についての複雑な作用があるが、ここでは全て省略した。

2016年10月31日 (月)

散歩とコンクリ-
最も恐ろしいのは、コンクリ-トの上を散歩することである、土の道は気が有り、歩くと気を取るが、コンクリ-トは逆に気を取る。
そのために長期に長距離を歩いていると、気を取られて自然死するのだ、気が無くなって死ぬから、誠に静かである、小生の近所で二人なくなった。
無計画で経済の為に全ての歩道コンクリ-にして、国民に害を与えている野だ。政府に抗議すべきである。

農薬の害
小生が断食中ににぎり飯をニケ食べると、なんと、階段が上がれなくなり、手すり持ってやっと上がった。
農薬は鳥も虫も食しない、食べるのは人間だけで、人間は内臓を守るために、緊張すし、拒絶する、防衛反応である。
長期に食すと、緊張の為ノイロ-ゼになり、ノイロ-ゼは万病を併発する。農薬の入った米は、子供食べない、本能で食している。
白米と農薬の米は最大の害を持つ、白米は筋肉を弛緩させ、弱らせる、陰性であるから体が冷える。
厚労省はこのような、危険なものを、アメリカのモンサント結託して、日本人に食べさせ、又、たばこが悪いとインチキを教え、泉千代之助タバコをすって、百十五才まで生きた証明すらないのだ、賞味期限決めてリサイクル止めた。
厚労省に厳重な抗議しましょう。

より以前の記事一覧