無料ブログはココログ

政治

2018年7月13日 (金)

日本の政治家

日本の政治家ほど阿呆はいない、勇気、無外交、依頼心、未来の計画はなし、取り柄はないが、人を攻撃すること、金銭取り引き、政治献金、全くメタメタだ。
  小生を名誉毀損で訴えてほしいくらいだ、その決断も勇気もない尽くしで、魂も右脳もない。
  魂は公徳心で、右脳は行動だ、詳しく説明すると、魂は車のインプットされたナビゲ-タで、道を教えてくれる。
  。右脳は運転手だ、その両方がないのが、今の政治家だ。左脳(知識教育)の教育をやったからだ、知識教育は魂も右脳も破壊する、知識の範囲内で物を考え、行動し、『井の蛙大海を知らず』だ。左脳(知識)働きは、保身と読み書きソロバンの思考だから、政治家の典型だ。政治運営に最も必要なものは、魂と右脳だ、車ではインプットされたナビゲ-タない運転手もいない、事故が起こるのは間違いない。昔から施政者は禅修行した、武田信玄と快川和尚、徳川家康と天海僧正、明治天皇と山岡鉄舟で、戦後は吉田総理と山本玄峰老師、自分で禅をやった人は、佐藤、中曽根総理だ。皆、成功している。
  田中総理なんかは、左脳の典型で、金と保身と名誉欲だ、行動を真似したから日本はメタメタになった。
  禅をやっていない政治家は全然役に立っていない、禅をやった人以外は、害虫政治家で高給取りの税金泥棒だ、困ったものである。戦争中のエリ-トは自己保全が主で、禅の修行をしていないので、誰も仲間うちも説得できないままに、永山鉄山のように腹立てた奴が殺してしまうのだ、説得力のない、連中には困ったものである。
  政治家は禅者をやれ!!!!
  相手を説得することは、正論と吐く息の長さによって、決まるのである、全ての動物は吐く息が長いほど生命力強いと言う事である、鼻息の荒いのには勝てないと言う。禅の修行すると自然に吐く息が長くなり、相手を説得することが出来るのだ、上記のように昔の武士は魂により、正論を会得して、また吐く息を修行した。

2018年7月 7日 (土)

憲法と西洋文明

                            日本の憲法
  全文。
  日本の憲法が色々と論議されているが、全くアメリカの属国化した日本人の頭では憲法が改正するかしないかという問題に論議している。
  アメリカ人が押しつけられた憲法に呪縛されて、日本人は出ることができない、先ずこの憲法を放棄する。
  憲法の中に憲法を放棄してはいけないという条文はない、憲法なんか必要ない憲法があると、自由な発想ができないで、業となって、進歩が止まる、江戸時代にはそんなものはなかった。
  平気で憲法を侵害し、自衛隊を比喩曲折して、持っているのに、憲法違反しているのは政治家である。かれらは犯罪者、政治家やることは矛盾している。
  憲法があるために、中国は絶対に日本は戦争しないと思っている。偉大な政治家故石橋湛山総理は、世界を駆け回り、米ソ冷戦を阻止した。

  阿部さんも大金持ちの国に、中国に援助していないで、日本は憲法を破棄して、徴兵制度を敷き、軍備を調え、原爆を持つことさえ厭わないという毅然たる態度を示すべきである。
  日本人はアメリカ人に呪詛されている、独立心を失った国も人も魂の脱け殻だ。
  お釈迦さまの教えである、自燈明、法燈明、を忘れるな!!!!
  日本がこの馬鹿げた憲法を捨てると、日本は何をするか分からなくなる。
   沈黙は金である。憲法は各国から馬鹿にされてるだけだ。
  偉大なるお釈迦でも、アイムサ(無抵抗主義)唱えられたので、釈迦族は無抵抗で滅びたのである日本人もそれだけの覚悟があるか?

  明日は憲法の必要性、東洋人と西洋人は全然異種の民族であるついて話します。

 

  東洋人と西洋人とは全然異種である。
  何故かと言いますと、太陽から受ける気の流れが違う、東洋人は気の流れが、左手から臍下丹田に腹の中央に行く、西洋人は心臓に行く、彼らは狩猟民族、我々は農耕民族だ。
  生命体(チャクラヨ-ガ)西洋人は心臓にある、彼らはハ-トを大切にする。
  我々の生命体は臍下丹田にある、この差に問題があるの真相は真ん中、臍下丹田にある。
  彼らは心臓は偏ってある、彼らと我々は、勿論物の考え方も別種である。
  お釈迦様は、中道(正しい道)、しかし、彼等には何の事か、理解できない、彼らには、思想は完成できていない。
  彼らはほっておくと、何をするか分からない、彼らは動物的思想の持ち主である。
  狼を全て殺したり、バッロウを遊びで、全滅させて、失敗と言うことを知り、再生する。
  日本人は明治以前西洋文明が入ってくる以前は狼は神であった。彼らは密猟も平気であり、人質事件が年間約五百万件もある。
  彼らの思想は、常に勝てば官軍であり、罪の意識はない、それはハ-ト社会であり、中道求めることはない出来ない。

   間違った社会では憲法が必要である、彼らは偏った物の考え方しかできない。
  ハ-ト思想であるから、自己判断が出来ない、正しい道がわからない。
  彼らには常に指針が必要である、故に憲法や間違った宗教であるキリストが必要である。
   東洋人は自己に仏があるから、刑法があると、別に憲法は必要がない、あると、上記のごとくに、害があるだけである。
  憲法のない時代の方が巧くいっていた。明治以前である。先進国のドイツ『ワイマ-ル憲法』持て余されている、無視しても良いことになっているのだ。
  絶対に憲法は破棄すべきである、無くても、日本人は戦争することはない、アメリカに引きずられて、農家の。戦争の可能性が高くなるだけだ。

参考のために、shantyのブログを見てください。
                                                                          合掌

日本の政治家は何故阿呆か

  日本の政治家ほど阿呆はいない、勇気、無外交、依頼心、未来の計画はなし、取り柄はないが、人を攻撃すること、金銭取引、政治献金、全くメタメタです。私を名誉毀損で訴えてほしいくらいだ、その決断も勇気もない、ないない尽くしで、魂も右脳もないのです。魂は公徳心で、右脳は行動です、詳しく説明すると、魂は車のインプットされたナビゲ-タで、道を教えてくれる、右脳は運転手です、その両方がないのが、今の政治家です。左脳(知識教育)の教育をやったからです、知識教育は魂も右脳も破壊します、知識の範囲内で物を考え、行動し、『井の蛙大海を知らず』です。左脳(知識)働きは、保身と読み書きソロバンの思考ですから、今の政治家の典型です。政治運営に最も必要なものは、魂と右脳です、車ではインプットされたナビゲ-タない運転手もいない、これでは事故が起こるのは間違いありません。昔から施政者は禅修行したのです、武田信玄と快川和尚、徳川家康と天海僧正、戦後は吉田総理と山本玄峰老師、自分で禅をやった人は、佐藤、中曽根総理です。皆、成功しています。田中総

 
 
 

  理なんかは、左脳の典型で、金と保身と名誉欲です、その行動を真似したから日本はメタメタになった。禅をやっていない政治家は全然役に立っていないのだ、だから禅をやった人以外は、害虫政治家で高給取りの税金泥棒だ、困ったものである。戦争中のエリ-トは自己保全が主で、禅の修行をしていないので、誰も仲間うちも説得できないままに、永山鉄山のように腹立てた奴が殺してしまうのだ、説得力のない、連中には困ったものである。
  政治家は禅者をやれ!!!!
  相手を説得することは、正論と吐く息の長さによって、決まるのである、全ての動物は吐く息が長いほど生命力強いと言う事である、鼻息の荒いのには勝てないと言う。禅の修行すると自然に吐く息が長くなり、相手を説得することが出来るのだ、上記のように昔の武士は魂により、正論を会得して、また吐く息を修行したのである。

2018年6月30日 (土)

日本の憲法

 

  日本の憲法が色々と論議されているが、全くアメリカの属国化した日本人の頭では憲法が改正するかしないかという問題に論議している。
  アメリカ人が押しつけられた憲法に呪縛されて、日本人は出ることができない、先ずこの憲法を放棄する。
  憲法の中に憲法を放棄してはいけないという条文はない、そもそも、憲法なんか必要ない、。憲法があると、自由な発想ができないで、業となって、そこで進歩が止まる、江戸時代にはそんなものはなかった。
  平気で憲法を侵害し、自衛隊を比喩曲折して、持っているのに、全く憲法違反しているのは政治家である。かれらは犯罪者。政治家やることは矛盾している。
  憲法があるために、中国は絶対に日本は戦争しないと思っている。偉大な政治家故石橋湛山総理は、世界を駆け回り、米ソ冷戦を阻止した。

  阿部さんも大金持ちの国に、中国に援助していないで、日本は憲法を破棄して、徴兵制度を敷き、軍備を調え、原爆を持つことさえ厭わないという毅然たる態度を示すべきである。
  日本人はアメリカ人に呪詛されている、独立心を失った国も人も魂の脱け殻だ。
  お釈迦さまの教えである、自燈明、法燈明、を忘れるな!!!!
  日本がこの馬鹿げた憲法を捨てると、日本は何をするか分からなくなる。
   沈黙は金である。いまの憲法は各国から馬鹿にされてるだけだ。
  偉大なるお釈迦でも、アイムサ(無抵抗主義)唱えられたので、釈迦族は無抵抗で滅びたのである日本人もそれだけの覚悟があるか?

  明日は憲法の必要性、東洋人と西洋人は全然異種の民族であるついて話します。

2017年10月27日 (金)

無資格審査

神戸製鋼所・日産・スバル等の無資格審査員はについて、政府の決めた審査基準を無視しているのは、審査途中の人でも、出来るのだ、会社の審査員を信頼しているのだ。
戦争中のように政府の締めつけがひどくなっているのだ。
国土交通省は、役立たずである、実際に世界で一番の故障の少ない、車を生産しているのだから、基準を自主的に決めさせたら良いのだ、ミスしたら会社の売れ行きが落ちるだけだ。
処罰規制作るだけではなく、かい車を信頼し、会社も国土交通省に厳重に抗議して、討論すれは良いのだ。審査員は会社に任すべきである。

2017年10月 1日 (日)

敗戦

 

  武田勝頼とか豊臣秀頼の様に禅を修行しなかったのは、戦争に負けている、禅を修行すると、吐く息が長くなる、吐く息が長いのは、陰陽虚実の中の実の力が強いから、実行力ある上に、魂と右脳が発達するから直感力が強く、魂に因って、外交に勝つためには、正論であるべきである。『鼻息の荒いのには敵わない』互いの力の勝負は吐く息の長さによって決まるのだ、それは動物も同じだ。外交は権謀術数ではない、正論が最後は必ず勝利するのである。

2017年8月30日 (水)

北朝鮮の野望に対処

今や世界が北朝鮮を封じ込めようとしている、これは大変に危険である、第二次世界戦争が始まる前に、ABCDラインと称して、世界が日本を封じ込め作戦をとり、そして戦争が起こったのである。
北朝鮮と対話できる人はない、石橋総理のような人がいないからである。
今もそのような状況になっている、窮鼠猫を噛む、様な状態である。逃げ道を開けておかないと危険であるが、そのような高等な作戦を立てられる人はいないのだ。
日本は最も危険である、真っ先に血祭りに上げられるのだ、どこの国も、自分の国が一番可愛いのだ。
一刻も早くアメリカと手を切り、アメリカから押しつけられた平和憲法を放棄すべきである。
総理はますます、アメリカの術中に落ちている、日本人は自覚して、安保の時のように国中がでもすべきである。
右翼ややくざでも、正しい道は分かるので、日本を救うために、デモが必要ある。全くきけんなことうする者だ。

2017年8月28日 (月)

真の平和外交とは


結局世界が恐れる外交とは、相手に外交の手段が漏れない事である。
情報過多は相手国は御し安い、しかし、相手国が見えないときは如何なる方法を取る手段が分からない、無言は最も恐ろしい、お化けでも無言であるから恐ろしい挨拶するようでは、怖くない、北朝鮮に対して、大騒ぎは、向こうの思うつぼである。
マスコミと政府と結託して、大騒ぎ騒ぎせず情報を漏らさない事である、西郷さんのように端然自若としている。
アメリカから貰った平和憲法は破棄する事である、お釈迦様でもアイムサ(無抵抗)宣言されて、シャカ族は滅びた。
平和宣言は国を滅ぼす原因である。『沈黙は金』である。最後に物言わば、『唇寂し秋の風』

2017年5月 7日 (日)

実施

 

   文句ばかり垂れていないで、本論に入いる、小生は各県で、肘を日時決めてに各々が総理を推薦者出す。それを役人が票まとめる。
  小生なら、稲森和夫を総理にしたい、その他各県に多数の推薦者がですが、大抵の人が嫌がるが、それを役人が説得する、そして十人程度を選出する。
  その中に間違いなく、責任感のある、総理が選出することだ出来る、目安、禅している人は政治に精通しているベストである。
 
  今の議員は全て、欲に絡んでいるから、反り返り、腹がる出でいる。靴の踵が減っている。
  こういう絶対に推薦してはならない、大学では、信用は出来ない、一芸に秀でている人は歓迎である。
  大臣は農林大臣は農業従事者、その他の大臣も職種に従って選出する良い。
  目付は平の警官から十名程度を選出すると良い、エリ-ト社会の破壊である。
  今の政治家を止めさす為には、国民の大規模なでも必要である。止めた後の政治の空白なんか心配はいらない、役人で十分である。
  今まで真の政治をやってないのだ。
  もっと良い方法があったら、教えてほしい。終わり。

2017年5月 6日 (土)

西洋文明とは

  西洋文明とは、餓鬼と修羅の世界である、常にその世界から出ることはない、そのような馬鹿国に大久保利通・岩倉具視外遊し、西洋の物質文明に憧れ、精神文明を喪失し、日本はメタメタになり、今の世界である。
  もともと西郷隆盛の様な和洋折衷の大人物を放逐し、この馬鹿な彼らの政治は、軍国主義にの方向にいったのである。
 
  憲法は業である、輪廻の世界にあり、脱することは出来ない、西洋文明の末路は近いのである、確実に西洋文明丸はサルガッソに向かっている。真似した日本も同じである。
  世界から、京都にいた人は、その文化かの高さに驚いたのです。日本人は誇りを持つべきである。
  以前の日本人の優秀性は、精神文明を思考し、憧れたのである。それが武士道である、そもそも、アメリカ文化はその歴史は二百五十年しかない、それでは、完全な政治が出来るわけがないのだ、日本の江戸時代の政治を温故知新研究すると良いのだ。
  今のアメリカの政治を真似をした日本どこが間違っているかと、言うと、選挙、議会政治、全て駄目である、選挙等は五十名くらいが一単位となって、互いが知り合っている同士がするもので確かにそれであると間違いなく、よい人が選出することが出来なるのである。
  今の選挙では、全く誰が良いのか理解できないのだ、それで、いい加減な人を選出するのだ。
  議会政治はアホな連中が五百名以上もいて、全く衆愚だ困ったものである。

より以前の記事一覧