無料ブログはココログ

栄養

2017年4月30日 (日)

農薬の白米は万病のもと

                                 
   
    農薬の害
  農薬と病気
  この問題は、誠に、重大にであるが、大半の人が気が付かない、農薬は多量に飲むと、死に至るが、少量なら大丈夫と思っている。
  鳥や虫は、本能的にこの事実を知っていて、食しない、動物の方が賢明である。
 
  この害は白米と
  少量なら食していても、農薬は白米と同じ害を及ぼすが、農薬も白米も体を冷やし、筋肉が弛緩し、太る作用があり、長期にわたると、腎臓を痛め、天命を全うすることは出来ない。如何なる、健康法を行っても健康になることはない、一時的に健康になっても、すぐに元に戻る。
 
農薬の害
  農薬から人体を守るために、防衛反応が気が上半身に移動するから、免疫力が弱くなり、足が弱くなる、如何に散歩しても、強化されることはない、夏も靴下を履くことになると、病も膏肓である。
 
  教育の弊害
  間違った教育のために、人は本能で生活しているのではなく、知識で生活している。
  食べることついて、本能が働かないから、野菜にも農薬がかかっていても食する。
  白米も栄養価はゼロである、農薬と白米を食すると栄養がゼロであるから、副食を多食するから、胃が大きくなり病気にかかり、短命になる。農家の人で、農薬のかかった米を食している人はいない。
 
  最近は夕食に離乳食に蜂蜜を食して死んだ赤ちゃんがいるが、戦前にはなく、戦後に出来た病気は、アトピ-・アレルギ-・花粉症・アルツハイマ-・脳軟化症等、その他体力の低下すべてが農薬の害である。
 
  如何なる健康法も、農薬の前には役に立たない、小生の実体験である。
  赤ちゃんが死んだのは、蓄積れた母親の農薬が移行した。二代でもこうである、3代になるといかなることになる?

  無農薬の玄米・七分搗は少々高いが、大変に美味しいので、おかず代が減るのでかえって経済的である。

2011年6月16日 (木)

サプリメント

サプリメントで今は大騒ぎである、テレビの広告を見ると、あっと言う間に効いて腰痛が治り、飛ぶように歩いているし、また顔は初めからキレイナ人を連れてきて、如何にも薬が効いている様である。

また、何個限定とは商売の売るための常套手段である。このようなものに依存するのは、今は医者が病気を治す事は出来ないし、また自分で努力することもない、ただ最も安易な方法で治そうとするである。

人間の病気を治す事は簡単である。過食を治す事である。動物は全て100食べると、必ず100%は出す必要がある、しかし人間は知識で食べる事のみを思考しているから、食べ物の過剰摂取が病気の原因である。

サプリメントなんか飲むと却って過剰摂取になってしまうのである、それよりか、いかにして過剰摂取したものを、体内から出すという事に専念する事が必要であるが、今人間が適食、適量得る事が出来ないのは、腹が減ったから食べるのではなく、時間が来たから食べるという悪習慣、またテレビや喋りながら食し、無意識で食べるので、頭が適量関知しない、肉を噛んで食べるので、便秘を起こし、宿便を溜める。

洋式便所を使っているので、八割しか便が出ない、誠にセシウムやストロンチュウムより、ガンの原因は過食と洋式便器である。

特に洋式便器は恐ろしい、今や大腸ガンの増え方から言っても、日本人の80%はガンになるし後の20%はノイロ-ゼである。

食べ物が人間の体内で如何なる働きをするかというと、単に体温を上げているだけである。

真のエネルギ-は気『エネルギ-』から取っている知るべしてある、だから禅こそ病気を治す、最も良い方法である。

2011年5月21日 (土)

肉食の害

テレビ放送にダマサレルナ、(再)

テレビの151チヤンネルで、鳥飼アナウンサ-が医者と対談していいたが、誠に彼らの栄養説は危険である。

昔、石垣ドクタ-が肉食を勧めていて、結局は60才前後で亡くなった。今話していることも前車の轍である。

彼ら頭の中には、食べ物が全て生命を支えていると錯覚しています、又食べたものは排泄する必要があるということを忘れているのです、又は気がつかないのである。無知蒙昧の輩です。

100食べると100排便する必要がある、些少でも、残った部分はゴミとなって体内に残り、体内の一ヶ所に集められて、ゴミ溜めに細菌が沸く、ガンです。

もう一つの間違いは、人間が食事から取っている栄養は体温を上げる作用してだけで運動量とは関係がないのだ。食べれば食べるほど、内臓は疲れ消耗するのです

運動と気『エネルギ-

全ての動物は腹がへると元気になり、腹が膨れると、眠くなるだけです、この現象を見るだけで、食事がエネルギ-の根源でないことが分理解できます。

運動に関係しているのは大気から取った『エネルギ-』です。肉食動物は全て腹に物のないときに獲物を狩ります。

食べ物から得る、必要量は10%程度だ、残りの70%は大気から得た、気『エネルギ-』である。残りの20%は水である。

過食を止めると、腹式呼吸に代わって,空気から気『エネルギ-』を取るから、より健康になります、大気から得るエネルギ-は食べるのと違って、良質で、内臓の働きも要らないので、内臓が疲れることもない、私は常々できる限り栄養価の高いものを取らない様にしている。

免疫体

首を絞めて気『エネルギ-』を取らさないと15分で死にます、水なら一週間、食事なら1ヶ月、水だけで生きている人がいるのだ。

なお、火傷を治すために、タンパク質が必要と言っていたが、彼らは物理的現象だけを見ているだけです。

食事が取れないと、断食すると免疫体が強化されて、あっと言う間に火傷は治癒する。

医学界には取ってもバカと賢い医者がいるが、賢い医者でも、気『エネルギ-』は知らないからバカな運動して消耗しているのだ。