無料ブログはココログ

« 自然農法〉 | トップページ | 懸命に働く内臓 »

2018年7月21日 (土)

禅の神髄

    これらは全て禅の副産物として生まれたものである。剣道五段の人と対話したときに、小生は剣先はみないが目を見て一切を捨て相手が少しでも動いたら喉を突くと言ったら参ったいった。そのような隙のない構えでは目から始めから勝負にならないと言った。
   
    座禅は修行すると、剣の先が鋭くなるなるよう、上達するに従って鋭くなる、宮本武蔵のように百人を相手にしても負けなくなる。
    禅の修行の成果は物事の上達と追随する。
    誠に面白い現象であるが、同じ場所に三日も通うと電車のくる時間が潜在意識が記憶してもらって、行くと間違いなく電車がで来てる。
    小生はこれを神の声と呼んでいる。
    ここまで行くには八転七転びだ少しでもべっのことを思考したり、無意識の行動すると、罰が当たり怪我をした、膝は傷だらけである。

« 自然農法〉 | トップページ | 懸命に働く内臓 »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/73894675

この記事へのトラックバック一覧です: 禅の神髄:

« 自然農法〉 | トップページ | 懸命に働く内臓 »