無料ブログはココログ

« 禅の神髄 | トップページ | 無思考の人 »

2018年7月21日 (土)

懸命に働く内臓

    ヨーガでは『すべての人間の食べる量は一定である』。早く食べた人は早く死ぬ。人間の内臓は機械と一緒である、食事は燃料ではないので、燃料にするためには内臓の労働が必要である。
      食べ物を食べると胃・腸だけが働くのではない、心臓・腸内の微生物あらゆる内臓器官が働く、だから過食すると内蔵が疲弊し、生活習慣病を誘引し短命になるのである。
  ヨーガの聖典に『人間一人の一生に与えられた食事は一定である。早く食べたものは早く死ぬ』と言っている。

« 禅の神髄 | トップページ | 無思考の人 »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/73894708

この記事へのトラックバック一覧です: 懸命に働く内臓:

« 禅の神髄 | トップページ | 無思考の人 »