無料ブログはココログ

« 短命の琴 | トップページ | 健康に対する関心 »

2017年7月 8日 (土)

座る生活

    西洋人が椅子に腰掛けるので、日本人も真似うしているが、全く、困った習慣である。
    狩猟民族と農耕民族は本質的に違うのである、日本人は農耕民族であるので、生命体が丹田にある、しかし、狩猟民族は心臓にあるので、農耕民族食事するときに畳みに座る方が安定し、食事ができる。食事で最も大切なことは丹田が働くということである。腹脳が働くと消化がよくなるし、分量も質も正しい選択が出来る。
    農耕民族が椅子の生活を長期間行うと、歯がガタガタなり、整歯の必要ができるのだ、このようなことは、嚙み合わせが良くなく、背骨も正常を保つことだ出来なくなる。こういうこと繰り返すと末代まで影響が出るのだ。長命を保つことは難しくなる。

« 短命の琴 | トップページ | 健康に対する関心 »

亀仙流健康術___________」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/71079887

この記事へのトラックバック一覧です: 座る生活:

« 短命の琴 | トップページ | 健康に対する関心 »