無料ブログはココログ

« 足の 故障 | トップページ | 病気の前兆 »

2017年5月19日 (金)

足と均衡

足と均衡
              足の体操と気の充実
              足は均衡のとるための重要な起点で、常に気のバランスを取っている。足を痛めると万病が発症する。足は気の集約点である。
              年齢が高くなると、過食で、胃が重なり、左足に負担がかかり弱くなる。
              左足を強化すると、右足の強さとの均衡が取れ、気が流れる。
              骨盤が正常になり、腰の病気を治すことが出来る。
              一日一度二回この体操をすると、足が強くなり、強化される。
              経絡を刺激するので、全身の健康に影響がある。
              爪先を押しつけた後で、膝を内に回すと、腰痛は瞬時に治る。
              骨盤が正常になり気が通るからである。この時に必ず、腰を引いてすることである。
                       
             
             
              左足のカカトを畳に付けて、爪先を上げる、この足の体操は、アキレス腱を延ばすので、胃と関連があり、胃が縮小する 。
              食前にすると食欲が減退し、正常な食欲になる。
             
              ○注人間は一日一回一度力入れると、筋肉は発達する。

« 足の 故障 | トップページ | 病気の前兆 »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/70606509

この記事へのトラックバック一覧です: 足と均衡:

« 足の 故障 | トップページ | 病気の前兆 »