無料ブログはココログ

« 不明の現代医学 | トップページ | 気の働き »

2017年5月10日 (水)

気の調整

    

      人間は食べもので生きているのではない、タイのココナッツ坊やとその弟子は、椰子の水だけで生きている。
      しかし、動物は首をしめられると、寸時に死亡するのだ、この事実は動物が気で生きていることを証明している。
      如何なるメカニズムによって、気は発生するか、太陽から受けた気は左手から入り、心臓に至り、西洋人はここで止まる、東洋人は気は丹田までいく、西洋人と東洋人は別種種族である。
      根本の理由は、農耕民族と狩猟民族の差である。
      どちらが優れているかというと問題なく、東洋人である。

« 不明の現代医学 | トップページ | 気の働き »

亀仙流医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/70520021

この記事へのトラックバック一覧です: 気の調整:

« 不明の現代医学 | トップページ | 気の働き »