無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2016年11月 6日 (日)

医学
        正しい医学
    西洋医学の廃止
     私は西洋医学の廃止を推奨する、何故なら、医者はバ-ビェの仮説から始め、未だに仮説だ。
    如何なる名人でも、時計の修理をするのに原因が分からないで、修理すると時計はメタメタに壊れてしまう、人間も同じだ。
     今の医学は気『エネルギ-』を理解していない、その為に理論が役に立たないので、病気が治る道理がない、病院は棺桶と一緒である。

対症療法※
    西洋医学は病気を治療しているのではない、対症療法なので、痛いと痛みをとる、痛みは病気に対する信号だ。
     信号機をとると、真の原因は分からなる、病気の原因は、昔から気『エネルギ-』と言われている、病気は気『エネルギ-』を病むことで、元気、活気、気分が悪い、陰気、等々、気が損なわれると、病気が起こる。

気の理解と分析
     気『エネルギ-』の理解が出来ないと、病気の原因は理解できない 、気『エネルギ-』とは何か? 人間は食べ物で生きているのではない、気『エネルギ-』で生きている。
    首を絞めると人間は直ぐに死ぬ、気がなくなると、水は一週間、食べ物は一ヶ月、なかには大気からの気『エネルギ-』で生きている人、タイのココナッ坊やとその弟子はヤシの水だけで生きているのだ。

自信を失った医者
    医者は診断しても、原因は老化であるとか、タバコ、塩、体質であるという、患者はその無責任な返事に腹を立てる。
    医者は今や算術である、必要もない手術をして、患者を苦しめる、高いペ-スメ-カ-、要らない手術、人工透析で大儲けしている。
    根本的原因は知らないのだ、金儲けに専念して治療は別である。

東洋医学
    気『エネルギ-』を中心にしている。脈診でも三十八通り?あるそうだ、技術的には難しいが正確だ。
    気『エネルギ-』の流れを調整するのは鍼灸だが、鍼は高血圧とかガンとか慢性的な病気に効く、この方法は技術的に言うと内臓を刺激して、体温を上げることだ可能と思われるので、将来東洋医学が進歩すると、ガンの治療も出来ると思う。

    灸
    灸は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、盲腸、急性の病気によい、腰痛、膝の痛みには特効薬で、灸の跡が残るという文句を言うのがいるそうだが困ったものである。
    灸は熱さで、筋肉が収縮して、終わるとリラックスする、気『エネルギ-』はリラックスした部分に流れ、治癒するのだ。気『エネルギ-』を調整するのは治療法として最善である。
    東洋医学と西洋医学との融和ということで、対談していたが、もともと東洋医学は気『エネルギ-』を中心にしたのだが、間違った西洋医学に引っ張られて、東洋医学が栄養中心になっているのだ、これでは東洋医学は駄目になるのだ、ガンを治すとはおこがましいことである。

西式健康法
    毛管・金魚運動
    毛管運動とは手や足を振る事によって、血管の先にあるグロミュ-という物があるそうだが、振る事によって、グロミュ-が再生されて、急速に治癒する、私や女房子供がお世話になった。
     私の各種の怪我、下痢、女房は喘息、ヒヨソ、子供の怪我を治すことができた。

亀仙流医学
    私の創始した治療法だが、病気の原因は過食かストレスである事を突き止め、過食やストレスが、その防衛のために姿勢を変化させ守る、と言う事を突き止めて、姿勢からの観察、また気『エネルギ-』の流れの変調を察知して、病気を診断して病気の治療法を指示する。
    ガンの治療法も医者と違って、診断が適格なので、間違いなく治るのだ。

亀仙流医学自然療法
    人間は四百五十万年以前は平均寿命は十三才であった、その後、『自己の体内に持っている医者』の研究によって、自然に従うと百二十才近くの平均寿命が人間の医者の能力で出来たのである。
     白隠禅師の説のように自己本来仏なり、人間は体の中に自己の医者も持っていた。

完全な健康法
    胃を小さくする、朝昼の二食にすると、二十時間の食事の間隔が空く、寝ているいる間に胃は小さくなる。

« | トップページ | »

亀仙流医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/68275599

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »