無料ブログはココログ

« 人間は何故病気になるか? | トップページ | »

2016年10月29日 (土)

   
                              政治
  猿の教え
  猿曰く
  ホントに貴君らは幸福ですか、今や日本は病人は続出、年寄りはびっこを引いて散歩している。
 
  人間は
  本当にその通りだ、全く困ったものだ、先生教えていただきたいお願いします。
 
  猿曰く
  貴君らは教えると直ぐに思い上がって、失敗する。先ず自然に従いなさい、失敗の原因は全てが間違っているが、その中でも貴君等の教育はメタメタだ。
  貴君らの教育は戦争ごっこの真似事だ、一般の人に高等数学や化学等を教えて、役立たずの人間を造っている。
 
  猿の説教
  猿は親が食べるために役に立つことを教える、立派な猿がになる。
  こともが芋洗いすると、親が真似をする、子供が神童であることを忘れたら駄目で、君らは子供を無視しているのだ。
 
  此処から本論
  猿の社会は
  万物の霊長の人間の社会に較べると、数段に優れている、人間は楽をしょうとして、ろくでもない道を行くのである。
 
  人間の社会
  人間の社会は間違ったことをばかりをしてる、特に優れた政治をしていたのに、西洋文化の物質文化に憧れ、伝統を破壊し、精神文化も破壊した。
  このよう国は日本以外はない、他国は自分の国の伝統守をるのに必死である。
 
  アメリカの文化
  物質文明だけのアメリカの指導で世界が駄目になっている、物質を第一にしているために、自分の給与を女房に与えるのだ惜しくて、殺した人間がいるのだ。また人質事件が年に五百万件もある。
  彼等には金では精神は買えない事が、理解出来ないのである、たった二百年位の歴史では幼稚な政治制度ガ出来ないのは無理もない。
 
  日本人が幸福のなるには
  七十年近く、馬鹿なことして、今や目覚めるべき時である。政治、経済、教育、全て変えるべきである。
  全ての国民が、頭を空っぽにする以外に道はない。今の社会は修羅と餓鬼の地獄の世界である。
  経済は無駄な競争々々で、倒産が続出である、昔の近江商人と京都商人は、『売り手良し、買い手良し、相手良し』、精神があった、今は勝てば官軍である。これも欲望の固まりの為である。
  良い社会
  良き、正しい判断が出きる政治家を一人選ぶことである、その為に今までの西洋の選挙や議会制度の真似をするのではなく、日本独自の政治制度を立ち上げることで、今の選挙制度と議会制度は間違った政治制度である。
  約20%しか、国民は選挙に参加していない、今後も見通しは明るくないのだ、
  次第に選挙に参加する人数は落ちていく、選挙制度は国民に見放されている。
 
  『チャ-チルは言っている、「選挙は愚作である、しかし代わるべき方策がない』
 
  代わるべき方策
  先ず、六十年間も、馬鹿げた事を繰り返しているのだ、もう『井の蛙は大』海を見よう、国民が気の毒である。
  いまい政治制度では、なすり合いで誰も責任取る人はいない、烏合の衆である。
 
  動物の真似
  動物から観察して見よう、動物は賢明である、馬鹿げたことはしていない、一つの優れた統率者によって、狩りをする、統率者に取っては失敗は絶対に許されない、飢えが待っている。
  統率者は絶対的な観点と権限を持っている、しかし、統率者は強いだけでは駄目で、慈悲深いことも必要である。
 
  動物の例
  チンパンジ-のボスは左手は傷だらけである、判断を間違ったことをすると、雌に左手を咬まれてのである。左手というのも凄い、部下も慈悲深い、右手であるは、物を取ることも出来ないのだ。
  動物は心眼持っている、生命の維持のために!!!!
 
  政治制度
  独裁制
  今の政治政治制度を変えることが出来ないなら、独裁制にをする必要があるのだ、責任者ができる。
 
  総理が立派なら今の現行の政治制度でも立派に成り立つのだ。小生来は変える必要がある。
 
  政治の変革
  変革の為に先ず、世論で、全ての政治家を止めさす、一時的に役人に政治をやらす、今までの政治の悪い点を見ているので、間違いなく、よい政治ができる。
 
  愚人の政治家
  狩猟民族と農耕民族の差である、
  狩猟民族は動物に対する慈悲の心はない、しかし農耕民族は動物に対する、慈悲の心はある。
  今や左脳だけで、慈悲の心は無くなった、『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇(あだ)は敵なり』武田信玄は慈悲深き施政者であった。これこそ真の政治である。
 
  良い社会
  独裁者
  独裁政治が悪いのではない、独裁者の善悪で政治の善し悪しは決まる真の良い独裁者を選択すると間違いなく、良い政治が行なわれる、前例は前述の如く、北条時宗と無学祖元・武田信玄と快川和尚・徳川家康と天海僧正その他である。
  良い指導者に禅僧つけると間違いがないのだ。しかし、その背後には、必ず、禅僧が施政者を指導していた。
 
  憲法の破棄
  憲法の破棄
  憲法は必要がない、結局は持て余すだけである、憲法ない時代の方が巧く行っていた。武士道だけで十分だ。
  憲法があると、自由が効かなくなり、憲法に執着し、進歩がなるなる。日本のように、犯罪が起こらない国は、必要がない、アメリカのように人質事件が年に五百万件もある国には必要である、日本人と違って此処の人間に(公徳心も良心)がないのだ。
 
  西洋人の視点
  彼等は犯罪を侵し、法を潜り、金持ちになっても、成功者である,ケネディの暗殺がそれを示している。
  法律・憲法・キリストに従わないと生きていけない、『自己の仏』を持っていない。東洋人でキリスト教を信仰するのは,馬鹿である。
 
  東洋人の視点
  東洋人は吐く白隠禅師の『自己の仏なり』心の中に自己の裁判・自己の医者を持っていたが間違った教育で、なくなった。
  政府の教育が自己の本来のものを引き出すかである、それが真の教育である。
  故に、罪を犯すと、良心がさいなまれる、リスト・カッタ-が生まれる。
 
  憲法の不備と戦争
  尊敬するお釈迦様の失敗は無抵抗主義(アイムサ)を唱えられた、この事実は無知蒙昧の徒には理解できず、シャカ族は無抵抗で、全滅した。
  日本も憲法第九条は不戦である、この宣言をすると、他国はやりたい放題だ、第九条は放棄すべきある。
  他国は日本が何をするか、理解ができないから、ひょとすると、原子爆弾を持つ、他国侵略するのではないか、妄想に迷わされる、不気味に思うのだ。『沈黙は金』である
 
 
  民主主義
  人民のための、人民による、人民の
  この幼稚な言葉
  選挙
  全く馬鹿げた、茶番である、どこの馬の骨が政治するか分からないのが今の政治制度である、選挙というものはせいぜい五十名程度の知り合いが集まりす制度である。
 
  議会政治
  議会政治は無責任態勢である、誰も責任をとる人もなし、何時も小田原評定である、その原因は、正論がないからである。
  初めに正論があっで、そこから政治が始まるのであるが、正論をなしにやっいる、正しいことを選択する能力がない。馬鹿な教育で本能失ったからである。
  彼等は左脳しかないから、『読み書きソロバンと保身』だけで討議しているから、常に日本のためより、党利党略と保身である。である。
  こんな選挙という茶番は一刻も早く、止めるべきである、七十年もこんなをやっていた、時間の無駄である。
 
  税金の使い方
  国庫納入
  政治は、先ず、節約から始まるのだ、自民党のよう無駄遣いから始まるのではない、税金は一番に国庫に納めるべきである。
  その点、維新の会の方は、魂はないが、右脳(実行力)があるから財政再建は直ぐに出来る。
  今までの放漫財政であるから無駄を省くのだ。最も維新の会の人には得意の分野である。
 
  維新の党の議員は正しい道を選択しとしているが、今までは良い指導書がなかったので実行できなかった、小生の政治の教本を読むと理解でき、日本は維新の党の努力で変わる。
 
  国民の福祉
  これは民衆を怠け者にし、痴呆にするのだ、一切止める、乞食を作るだけである。
 
  農業政策
  農薬、化学肥料や遺伝子組み替えの食物の禁止、徹底する。農薬は生産禁止にする、以前はなかったのであるから、大丈夫である。
  栄養のない白米を売ること禁ずべきである、白米は毒である、白米は陰の虚であるから、食すると、きんにくを弛緩させ、体を冷やすのだ、白米好きはブクブクに太る。
 
  座禅
  政治と禅
  政治家に禅は絶対に必要である、政治と禅も同じである、全ての芸術も禅に通じている、禅は修行すると、全てのことが理解できる、
 
  禅の修行
  昔は施政者は必ず、禅を修行したの、北条時宗と無学祖元を中国から呼び、時宗は禅の修行をして、蒙古を打ち払った、北条時宗と無学祖元が立てた方策は素晴しいものがあった。
  その他、武田信玄と快川和尚、徳川家康と天海僧正、明治天皇と山岡鉄舟、戦後は吉田総理と山本玄峯老師その他成功者は佐藤、中曽根総理である。
  佐藤・中曽根総理の程度の禅でも、役に立つたのである。
 
  何故禅は必要か
  人間は馬鹿げた教育を受けたので、又、それもテスト等で嫌がる生徒を強制して、(魂)本能と右脳(行動)とを破壊してしまった。
  故に、無意識で行動するので、惚け老人が多数出ている。今までの教育で記憶したことを捨てる必要がある、例えば、高等数学や化学等とか実際に役に立たない学問を捨てる。
  故に不登校生が増える子供は賢明である、松下・本田・石橋氏を見なさい、学校は出てないのだ。
 
  政治の学問
  政治で最も大切なことは、慈悲の心である慈悲のない政治家は止めるべきである。
  今の政治家は慈悲というものは、何かということも理解できていない、赤ん坊が政治をしている。
 
  理想の政治家
  本能は正しい道を行うものであり、右脳は実行である、間違った教育で、今の政治家には、政治を行うために、必要欠くべからざる本能を失っている、議会政治は、正論を求めて右往左往しているだけだ。出発点がないのが、今の政治である。
 
  江戸の政治
  最も理想的な時代の江戸時代の政治を再来さすことである、幕藩体制である 。
  この形式の体制で、約百五十年間平和を保ってのである。
 
  温故知新
  温故知新で政策を行うためには、先ず慈悲のある人を探し、懇願し、総理の代行を依頼し、目付として禅の老子をお願いする。
  慈悲のなる人を探すためにはテストが必要であるか、問題を作れる人は小生以外にない。
 
  参考 一芸秀でた人は誰でも慈悲の心と魂がある。
 
  慈悲の心の人探す
  一芸に秀でた人、禅僧、慈悲深と評判の経営者(例)稲森氏等である、最悪の場合は、小生が゙テスト問題を作る。
  最後に日本人が最も優秀な民族であるか、施政者が馬鹿で、悪道に強引に引っ張られた。国民は正道知ると真っ直ぐに悪人も善人も突き進む。必ず日本は開眼される。
  期待してよい 。 
                                バンザイ !!!!!!!

« 人間は何故病気になるか? | トップページ | »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/68159938

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 人間は何故病気になるか? | トップページ | »