無料ブログはココログ

« | トップページ

2016年5月28日 (土)

 

                            スポ-ツと怪我
  怪我
  何故スポ-ツ選手は怪我をするか、他の人に比べると、多いのだ、動物は怪我をすることがない、足を怪我することは、生命を失うことである。
  逃げることが出来ない。また、チ-タ-のことだ、彼等は4つ足でも、食後に足を使うことについては、慎重である。
  しかし、人間は二足歩行と、最も、不利な条件を抱えながら、食後に直ぐに動くのである。
  人間の胃袋は、食後、異常に膨れて、ペトル・ボトル二本分の大きさになる、約4キロに、又、それ以上になる。

  人間の消化の時間は4時間かかるだ、4時間立たないと、4キロの胃袋が、その重さで、左に均衡を失い、足を痛める。
  投手の立ち上がりか、駄目である、4時間たたないで、投球している。胃の重さで均衡を失って投げている。
  練習やその他の運動は全て空き腹ですべきである『腹が減っては、戦が出来ないの』は嘘であるで、バングリ-が最善である。

 

  上図は腹が膨れている状態である、胃ガ重いので、均衡がとれていない状態である、食後4時間立つと正常な状態になる。

  怪我と西式健康法の治療
   怪我の治療に最も効果的な治療法は、西式健康法である、現代医学は誠に頼りない、薬を塗って、自然に治る日にちを待つだけだ。

  しかし、西式健康法は、怪我の全ては血管の先が切れることで起る
  という原因を知っている。ここを収縮させて防御するとあらゆる怪我

 
 

  は治る。
  その優れた機械があるの、これは誠に良く効く、大抵の怪我やその他の故障も一週間もあると、十分である、パソコンで検索すると良いのである。
  実体験である、また、何人か西式健康法の現代医学の医者もいる。

  熱中症と食事
     阿呆な医者は、熱中症を防ぐのは、栄養と錯覚している、誠に現代医学の医者は幼稚である。
  多数の人が熱中症になる。平賀源内は、うなぎを勧めたのは、鰻屋さんが売れないので、困っていたので、土曜の日一日うなぎを勧めのである。
  ところが、この事実を後世の人が間違って解釈をした。
  夏は陰性である、体を冷やすそうめん等、誠に適切である。この処理を間違って夏に過食すると体温を上げて、また、胃腸が消耗して゛秋に食欲がなくなり、元気がなくなる。
  横浜ベイスタ-ズが後半負けたのはこれが原因である。

  このような食生活は、夏に過食すると、本当に必要にしている、秋に食欲がなくなり、破滅する。

  食欲と気力
  動物も人間も同じであるが、食べると闘志を失い、眠くなる、動物は
  獲物を取ると寝ている。
  食べた後に、また、獲物取りにいく、動物にはいないのだ。スポ-ツは肉体で戦うのではない、気力で戦うのだ。

 
 

« | トップページ

亀仙流医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/65714960

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ