無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2016年4月11日 (月)

理想の政治(16/4月11日)
                                                P
理想の政治は、独裁政治である、動物は、必ず、頂点に優れた統率者がいる、結果食べ物を得ることが出来るだ。
誠の正しい政治家がいる。今の政治制度は間違っている。
バラバラの統率者では、役に立たない、その間に獲物は逃げてしまう、議会政治は、歴史の新しいアメリカ人の阿呆の思考の結果生まれた政治である。
阿呆の真似をしているのでは巧く行く道理がない、日本の歴史を見てみよ、!!!
一番巧く行ったのは、徳川家康・秀忠・家光の時代である。
少々の欠点はあるが、明治天皇時代である。また、戦後である。江戸時代の政治制度は大老と中老と目付による大老の独裁である。
政治の背後には、必ず、政治の専門家である禅僧がついていた。
徳川政権下では、天海僧正、明治政権下では山岡鉄舟は禅僧ではないが、禅の修行者である。
戦後は吉田総理の背後には、山本玄峰老子がおられた。
禅僧は正道を探求する修行である。必ず、正論を発言さするのだ。
禅なくして政治は成り立たない、今後、如何に政治制度を改変するか?
                                              続く
注 小生は、山本玄峰・宗円・梅城老子の曾孫弟子です。
山本玄峰老子は戦後の耐がたきを、耐え、忍びがたきにたえ、名文を書き、落ち込んでいた、国民叱咤激励したのです。
                                              合掌

« | トップページ | »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/64915709

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »