無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2016年4月17日 (日)

   

         ノ-ベル医学生理賞に
    全く不可解だ、今まで、全ての病気が治るノ-ベル医学生理賞に値する見たことがない、例は、それは、真の病気の原因が解っていないからである。

    1、
    小生は10食し、10出す、食べる量だけ排便するが、食と排便が一致していると、絶対に細菌は繁殖できない、この理論は一マイナス一はゼロでの理論である。小食が基本である。

    2、
    小生は病気の治る理論は、実際に、病気の根本的な原因を知っているからなおる。
    千年も前から、減食が最大の治療とで有ることが理解ガ出来ていなかった。
    真実の治療法が理解できないので、全ての病が治ることはない、小生は理解した、始めて、真の原因が、過食にあると言うことを、過食によって、胃の重りが四キロにも足して、腰を左下に押し下げて、骨盤が歪み、その影響で、背骨が左に歪み、その中を通っている、energyがの通路がまでが歪み、気の損傷が、病気の原因で、日本語では病気を気を病むというのだ。
    重量で左足を痛め、腰痛を起こす、背骨の左えの歪みは、高血圧・ガンの原因である。
    首から上の歪みは耳の病気を始めとして、風邪・禿頭・白髪・歯の病気等を起こすのである。
    小生の講演の結果は間違いなく、好評で、実際に一カ月で治るのである。

    3、
    全体食である、即ち、動物は全て、食します。鯨はアミジャコ、身も内臓も全てを食するす、日本人は刺身は身だけを食べる、胃と頭脳は、内臓を探して、色々の食事をして、胃は異常に拡大して、その結果上記の病気を引き起こす。

    4、
    治療法は、

    イ、
    三食を二食、朝と昼にする、昼から明くる日の朝まで二十時間を開けると、間違いなく、胃は握り拳の正常な胃になる。

    ロ
    動物・野菜の体の全てを食す。

    ハ、
    足の体操(今研究中)足に全ての経絡があるので、ここを刺激すると間違いなく、気の均衡が取れ病気は治るのである。

   
   

    5、均衡

    人間は体の中の気の均衡を失して、病気に罹る。故に均衡の取れる運動すれとよい、スキ-・サ-フイン・ロ-ラスケ-ト・綱渡り等これらの運動すると間違いなく病気は治る。

    お願いします、若し、日本人と違って、西洋人は気の概念がないのでがないので、誠に失礼ながら、研究していただけませんか?
    よろしくお願いします。

    一番立証できなるのは、小生を見て頂くことである、八十七才にして、身体能力は二十五才で、動物は老化しない、若し、日本にノ-ベル医学生理賞、又は、他のの撰者がおられるのでしたら、小生を見ると、一目瞭然です。
    一番分かりにくい、気について質問していただければ、適格にお答えします。

    最後に小生は医学だけではなく、政治・経済・教育・生活等に、通じているので、小生がノ-ベル賞を貰うと、世界は正しい方向に行き、平和な幸福な世界が出来る。
    今求められているのは、お釈迦様のような正道である。

    胃潰瘍とピロル菌は全然関係がない、胃潰瘍の原因は攻撃するために、握り拳を作り、右に体を捻るために、胸椎の二番を溜め、ここの骨は歯と、直結しているので、歯をかみしめるために、胃酸が過度に出るのである。

« | トップページ | »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/65016312

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »