無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2016年4月21日 (木)

  Nobel Prize in Physiology or Medicineの撰者に送ったものです参照ください。
    Nobel Prize in Physiology or Medicineの方にお願いします。
今のNobel Prize in Physiology or Medicineの撰者の方の基準が、誠に失礼ながら間違っています、例えば、本文の如く、Helicobacter pyloriは胃潰瘍の原因ではない、真の原因は本文に書いてある。
胃潰瘍の原因はstressによる。
IPS細胞は空論である、細胞は食事のとり方と、左右の呼吸は左鼻のからの呼吸は体の中の細胞を冷し、右の鼻の呼吸は体の中の細胞を温める、細胞の働きは呼吸の作用で左右されている。IPS細胞によって治療が行われるなら、百年かかっても駄目であると思う。
結局Nobel Prize in Physiology or Medicineの撰者は、病気の根本的原因である、energyの研究以外にないだ、そのことは未完であるが、鍼灸がenergyの研究で成果を出しているのだ、私も十二指潰瘍を灸で治療した、徳島大学の医学部である。
この事実から、energyの流れを掌握すると、間違いなく病気は治る。
Nobel Prize in Physiology or Medicineの撰者は病気の根本的原因である、energyの研究をお願いしたいのだ。
Mr Willam Havayの仮説から脱して、新説を研究し、世界の医学に貢献してほしい、その為には、実体験として、私を見て欲しい。 間違いなく驚かれるのだ。
日本のNobel Prize in Physiology or Medicineの撰者の方の日本の方か、通訳付きの外国人が来て欲しい。私の気に対する資料を全て差し上げますから、研究して頂きたいのだ。
結局は気の掌握をNobel Prize in Physiology or Medicineの撰者が研究し、掌握されたら、reports 選出の間違いも起らないのだ。
その結果、世界の人が、健康になるのだ。

« | トップページ | »

亀仙流医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/65086365

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »