無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2015年12月 7日 (月)

                                              生活と病気
食べ過ぎ
    最も生活習慣で恐ろしい罪悪は、過食である、何故なら、過食で胃の重さが四キロ近くなっている、その重い胃が、左の腰に乗り、背骨を痛める。
    人間の気は背骨を通っているので、気の流れを乱し、慢性病なる、背骨の歪んだ位置で病気の種類が決まる。全ての病気の原因である。
   
  何故食べすぎになるか?
    例えば,゛テレビや新聞を見ながら、食べる、人間は二つのことを同時に出来ないので、胃が食べる量を関知できない、そのために過食する。
   
  全体食
    動物は肉と内蔵を皮とう全体を食する必要があるのだ、鯨はあみ雑魚だけでいきている、人間は刺身の身だけを食し、内蔵を食べないのだ。
    胃は内蔵を求めて、探すのだ、ために、いろいろと食べる。
   
  栄養食
    人間は栄養はエネルギ-の根源と思っている、栄養食には気はない、単なる、眠くなり、体温を上げるだけでじる。人間の生命を維持しているのは、大気である、その証拠に首を占めると直ぐに死ぬのだ。
   
   
白米と白砂糖
    

    白米と砂糖は人体に百害を与えるのだ、どちらも、筋肉の力が弱くなり、太るのだ、その上体を冷やすのだ。体温が下がるとガンになるのだ。最悪の食べ物である。
   
洋式便器
    これも、東洋人には不適切である、この姿勢では、八割しか、便は出ないのだ、便が直腸にたまり゛前立腺ガンになるのだ。原因は西洋人は狩猟民族で、東洋人は農耕民族である。
   
   
   
   
   
   
   
椅子の生活
    日本人には不適切である,そのために不必要に背が伸び、高くなり、体が揺れるので、精神的に不安定になり、精神病になる、また、歯がガタガタになり、せい歯が必要である。
これに限らず最後に西洋の真似は全て駄目であるその理由は、農耕民族と狩猟民族のさである、この二つは根本的に違うのだ。

« | トップページ | »

亀仙流医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/62849740

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »