無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2015年12月19日 (土)

医者の暗示
しばしば医者に、誠に結構なまたもっともらしい名前をつけて、もらった挙げ句、例えば、ウイルス肝炎、ク-ロン病、ひどい医者は、「数年後にあなたは死ぬ」言った、医者が患者に与える暗示が、いろいろとの病気を患者に与えますます悪くする。
しかし名医が、「病気は大丈夫だ」と激励すると、少々悪い人でもよくなるし、よくなる努力をする。
昔、死刑囚に実験をした方法に、あなたの指を切った、そして洗面器に水を入れて、手を入れさす。
「洗面器の水が完全にあなたの血によって赤くなると、あなたは死ぬよ」と暗示をかけるのと、しばらく立つと大抵は死んでしまう。
特に患者は信頼しているだけに、医者の暗示は恐ろしい影響を与えるのである。
私の知っている医者で、N先生は死にかけたガン遺憾ともがたく患者に「あなたは治ったから、退院せよ」というと、大抵は生きている、私の友人の父親も、医者が治癒をあきらめては、退院したが、肺ガンであったので、わきの下を抑えて、痛いと言っていたが、テニスをしていたが、最後は心筋梗塞で亡くなったそうだ。

« | トップページ | »

亀仙流医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/63038295

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »