無料ブログはココログ

« 健康 | トップページ | »

2015年12月 2日 (水)

                                            肥満の原因
食事療法
全体食
全体食とは
  全体を食べるものである、例えば、鰯の丸干し・貝類・海老等また、全体を食べられる果物や野菜である。
部分食
刺身や牛肉等である、このような物を食していると、偏食になり、他の肉の内蔵を探し求めて、過食になる。
これが過食の原因である、
  その結果、多量に食した食べ物は、胃を拡大し、約四キロの重さになる、その結果その重量が左の腰に乗り、左腰が下がるのだ、そのために背骨が左に歪み、背骨異常が生じるのだ。
歪んだ部位
内臓
  その結果、背骨の歪んだ部位によって、腰から首までは、あらゆる内臓の病気なる。ガン、腎臓、肝臓等である。
 
首から上
  首から上の関連は、老眼・難聴・顔等の全体の病気である。
 
  食事には全体食を心がけて、食すると、長寿得ることができるのだ。是非、お勧めする、鯨はあみ雑魚だけで生きている。
                                      人間は食べ物で生きている
この事実は錯覚しているのだ、実際は気は大気を通して、左手から入るのである。心臓を通して、臍下丹田にいたる。
狩猟民族と農耕民族の差
西洋人は心臓に止まるのだ、この事実は狩猟民族と農耕民族の差である。西洋人は心が心臓にあるので、正しい判断が出来ないのだ。
東洋人は臍下丹田が真ん中にあるので。中道(正しい道)選択することが、出来るのだ。
中道
お釈迦様の教えや西郷隆盛は常に中道である。故に日本人は禅を修行するなら、絶対に間違いを起こさない、優秀な民族である。
マスコミさえ正論を書くと、日本は間違いなく、正しい道を選択できるのだ。
                                                                        合掌

« 健康 | トップページ | »

亀仙流医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/62774112

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 健康 | トップページ | »