無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2015年12月19日 (土)

病気の存在の否定
第1節 バランス
もともと人間には病気は存在してないのである。体又は自然に共存に対するバランスが破れて病気が発病するのだ。
食事・気・体・心のバランスが破れて、細菌が入り込み、病気が起こるのである。
人間はまず『心』(ストレス)のバランスを崩し、体の均衡を破り、『気』の流れに変化をもたらす。 病気の原因は一つであるということではなく、必ず複合的『心』・『気』・『体』の影響によるものである。すべてバランスを回復さすと、必ず病気は治るのである。食べるものと出すものが一緒である。
如何なる理由でも、減食がひつゔらである、しりを紙で吹いている限り、長生きは出来ないのだ。

« | トップページ | »

亀仙流医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/63038595

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »