無料ブログはココログ

« 東洋人の思想 | トップページ | 現代 »

2015年6月 5日 (金)

現代徒然草

                              現代徒然草
日本人の魂の崩壊
  大食
    日本人は正座、又は、アグラの姿勢を放棄して、椅子に座る習慣をえた、椅子に座った姿勢で食事をすると、アグラの姿勢と違って、アキレス腱が延び胃が拡大し、食事の量が増える。
   
  胃の拡大
    外人が日本人と違って、既に胃が拡大しているので、大食で平均寿命が短い、しかし、日本人もこの姿勢を続けている限り、外人と同じ平均寿命になる。
   
  頭脳の変形
    椅子に座る姿勢は精神的安定を欠き、物質文明に変革する、折角日本は座禅の座り方の遺伝子を持ち、世界に冠たる国であったのに、精神文明を放棄したのである。
   
  歯の変形
    又、椅子の生活はしっかり噛めないために、歯はグラグラになり、整歯の必要が生じたのである。誠に椅子の生活の被害を大きいのだ、直ぐにも食事のときだけでも座って食べることだ。

« 東洋人の思想 | トップページ | 現代 »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/60258526

この記事へのトラックバック一覧です: 現代徒然草:

« 東洋人の思想 | トップページ | 現代 »