無料ブログはココログ

« 運動選手の健康法 | トップページ | 餓鬼と修羅 »

2015年5月27日 (水)

平和を

                               胃と感情
胃と食事
胃と感情
    胃と感情はつながっている、胃が腹が膨れて、胃が大きくなると、体温が上がり、眠くなる。
    腹が減ると、猟をしていたときの、本能が目覚め、闘争心が湧くのだ。ハングリ-精神は働く意欲をもたらすのである。
   
過食と胃
    過食すると胃か膨れ上がり、気『エネルギ-』の入ると所がなくなり、無気力になるか、過食で、過剰な感情が闘争心が起こす、過食が戦争や犯罪の原因に、過食症の人は、胃が満腹しているので、感情は不安定になり胃の重さで背骨が歪んでいる、背骨の歪んでいる場所で病気の質が変わる、その結果万病が発症する。
   
過食と地獄
    過食による地獄は食べても、食べても食べ物を欲するのだ、又、物欲まで強くなるのだ。狩猟本能で闘争心が起こる、その結果、感情は犯罪や戦争の誘因になる。
   
地獄から離脱
    それが防ぐには、食事をコントロ-ルしなければいけない、長年の悪習慣から脱する必要があのだ。
    脱するためには、夕食を抜くことが必要である、胃の拡大で、異常になった感情をコントロ-ルすることは困難になる。
   
胃のコントロ-ル
    胃のコントロ-ルすると、あらゆる感情がコントロ-ル出来る、故に、地獄から脱して、平穏な社会になる。これで戦争は終わり、世界は平和になるのだ
   
   

« 運動選手の健康法 | トップページ | 餓鬼と修羅 »

亀仙流健康術___________」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/60150007

この記事へのトラックバック一覧です: 平和を:

« 運動選手の健康法 | トップページ | 餓鬼と修羅 »