無料ブログはココログ

« 餓鬼と修羅 | トップページ | 完全な体のメカニズムの解明 »

2015年5月29日 (金)

自己の医者

政府の責任
    過食は皆様の責任ではないのだ、第一は政府の責任である、第二は金儲け主義の医者の性である。
   
体内の医者の喪失
    人間は元々体内に医者を持っていた、しかしながら、間違った教育の為に本能と右脳を失い、神童が只の人になってしまった。
    高学年の人ほど程度が悪いのである。誠に困った現象である、中国なんか、高学年の人は贈収賄が多いのだ。
   
体内の医師の判断とは
    体内の医者は、風邪を引くと、食欲がなくななる、断食状態になると、白血球が増え、下半身を冷やして、上半身の体温を上昇させて、発熱して、又、右鼻から呼吸をして、体温を上げる。細菌が死ぬと、体温が下がり、風邪は治癒するのだ、
   
人間の医者の判断
    人間の医者は、栄養が足りなくなったということで、早速栄養剤を飲ませ、又、注射・点滴をする。
    それで荷が重すぎて、肺炎になって死ぬ、死因の三番目だ、医者が殺しているようなものだ、点滴は医者の財源だ。
   
    人間の医者は偉大だ。感謝する。二食さえ守れば、これ好日である。

« 餓鬼と修羅 | トップページ | 完全な体のメカニズムの解明 »

亀仙流健康術___________」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/60174801

この記事へのトラックバック一覧です: 自己の医者:

« 餓鬼と修羅 | トップページ | 完全な体のメカニズムの解明 »