無料ブログはココログ

« ガンの原因 | トップページ | 努力 »

2015年3月17日 (火)

アルツハイマ-の原因

                    Alzheimer’s disease.      Alzheimer’s disease.の真の原因は,医者が言っている様に、原因は不明ではない、真の原因は過食である。   過食     過食による間違った生活習慣を続けていると、次第に胃は、次第に、大きくなり、正常の胃の十倍になる、十倍になった胃は、重くなり、左の腰の上の部分に乗る。       背骨の歪み     胃の重みで腰が歪み、背骨も歪む、足の親指の変形である、経絡上において、足の親指は側頭部の脳に影響をあたえ、頭の均衡を失うのである。       足の硬化萎縮     足の硬化・萎縮と頭の硬化萎縮と同時に起こり、運動神経にも影響を与え、記憶力・判断力を失する。      又、過食していると、血は食べ物の消化に使われて、頭に行くことはない、頭は常に食べ物のことを思考して、Alzheimer’s disease.はより、重症になる、頭の中の思考は食事のことのみになる。 治療法 夜の食事     夜の食事を抜き、二食にする、夜の間に胃が縮小して、握り拳大の正常な胃になると、腰や背骨も正常になり、頭も活発になる。       食事の種類   悪い食べ物     食べ物の種類は白米や白パンは止める、栄養価の低い、又、部分食を(食べ物の一部分)取ると、多量に食べる必要が生じ、胃は大きくなり、腰や背骨をに影響が出る。       良い食べ物     全体食とは、食べ物その物の全体を食べると、玄米・黒パン・魚一匹丸ごとを食すると、その食べ物は人間が必要とする全ての物を含んで栄養価が高いから小食で済むのである、         例     鯨はあみ雑魚一種類を食して生活をしている。     対処療法   左足で立つ、     均衡取るために、左足で立つ練習や逆立ち激しいが、roller skateすると、間違いなく、Alzheimer’s disease.の症状は軽減する。         これら方法は、単なる対処療法にしか過ぎない、二食こそ治すための本命である。       思考の変換     人間は食べ物で生きているという、思考を捨てる、食べ物は、単に眠り薬にしか過ぎないのだ。     人間の生活を支えているのは、energyであると言う真実を知ることで、小食でも生きられるということを知るべきである。     終末の世界     既に日本では2025年には750万人がAlzheimer’s disease.になると言われている、この事から類推すると世界ではもっと多数になるのだ、特に日本人は外人より、小食であるが、この数字である、世界では、想像も出来ない数字になり、この真実に目を瞑ると、人類は滅亡する、     この事実は地面を金槌で打つより確かである。

« ガンの原因 | トップページ | 努力 »

亀仙流医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/59297004

この記事へのトラックバック一覧です: アルツハイマ-の原因:

« ガンの原因 | トップページ | 努力 »