無料ブログはココログ

« 真の治療法完成 | トップページ | 素晴しい車 »

2014年12月15日 (月)

気腹

背骨を治す。
  悪習慣を治す
            上記に記載のように、人間は時間が来て食べる、過食しているので無意識で食べる。
            そのために胃が十倍に拡大しているのだ、誠に簡単だ、胃を握り拳大にすると良いのだ。
            
      方法
            そのためには、理想しては、腹が減ると、食べることにすると簡単であるが、悪習慣が邪魔をするので中々出来ない、だから暫くは夕食を、あんパン一つにする。
            朝、昼の食事は幾ら食べても良い、そうすると、十分に食べているので、あんパンだけで十分である。
            そうすると食事を取らない時間が二十時間出来る、寝ると胃は次第に小さくなるのだ。
            
胃と気『エネルギ-』の関係
            胃が小さくなると、ここに食べ物とその下に宿便が溜まっていたのが、無くなり、ここに生命体である,気『エネルギ-』が溜まる、此れを蓄気という、今まで不健康な糞腹がなくなり、気腹に変わるのだ。
            
            例、白鵬は気腹、日本の相撲取りは糞腹では勝てることはないのだ。日本人は少数の人を除いて、糞腹である。
            禅は以前は夜は食しなかった、懐石といい、腹を温めただけである、ミヤンマ-坊さんは一切夕食は食べない。続く

« 真の治療法完成 | トップページ | 素晴しい車 »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/58271253

この記事へのトラックバック一覧です: 気腹:

« 真の治療法完成 | トップページ | 素晴しい車 »