無料ブログはココログ

« 日本人の優秀性 | トップページ | インフルエンザ »

2014年12月 6日 (土)

欧米人との相違

臍下丹田と心臓
            心臓の思考は、狩猟民族であるから、物を得るということに、集中する。
            餓鬼から修羅の地獄なる原因です。
            日本人は農耕民族ですから、臍下丹田に気『エネルギ-』を溜めることだできる、自分に気力がある限り、生命を維持できる。
            山岳密教の人の接待者の記録には百九十五才まで生きた人がいる。
            気『エネルギ-』があると、セックス何才でもできる、小生なんか、みこスリで立つ、しかし、もう千人切りはしたので、対してやりたくもない。今やると名人芸だから、女がキチガイになり、後を追っかけ回されるのが迷惑だ、女は顔を見ただけでセックス上手わかる。余談
            
            臍下丹田に力があると、如何なる現象が生まれるかというと、不思議が分かる。
            故に、日本の昔は西鶴・芭蕉、左甚五郎、葛飾北斎、其の多数である。
            政治家では徳川家康・武田信玄・山本玄峯老師、白隠禅師、戦後の総理には石橋湛山である。
            余りにも多いので、上げる予知はない。
            近々臍下丹田に蓄気できる方法を書きますが、誠にかんだんですが 継続は絶対に必要です。ご期待ください、新聞記者で読んだ人はメ-ルください。合掌

« 日本人の優秀性 | トップページ | インフルエンザ »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/58189190

この記事へのトラックバック一覧です: 欧米人との相違:

« 日本人の優秀性 | トップページ | インフルエンザ »