無料ブログはココログ

« 胃と心 | トップページ | 平和を得るために »

2014年12月17日 (水)

冷え性を防ぐ

食べ物について
            テレビで、藪医者が説明していたが、間違いだらけであるので、詳しく説明しする。
            
            冷え症の原因は、主に食べ物にあり、其の他はストレスだ、食べ物も陰陽虚実と中道に分かれている。その理論に従って食べないと、冷え性になるのだ。
            
  白米
            体を冷やす最も悪いものは、陰性の虚である白米である、此れは体を冷し、虚で筋肉を弛緩して、力をなくしブョブョの体になる。
            また、此れほど不味い食べ物はない、七分突きや、五分突きを食べて御覧、此れは金飯である、胚芽がないものに美味いものはないのだ。白米を皆は知識美味いと思って食べているのだ。
            
      其の他
            白砂糖、季節外に生えるものはすべて陰性である、胡瓜、イチゴ、バナナ、等である。
            またカレ-ライスも陰性である、冬に食べるのはよくない、トウガラシも陰性である、夏食するとよいのだ。
            
      肉食
            陽性のものは、肉、魚であるが、今のように肉は脂肪が多いので、勧めることはできない。特に日本人は肉をかんで食べる。
            西洋人や動物は呑み込むだけである。かむから宿便になり、血液をドロドロにするのだ。
            
  良い食べ物
            自然薯、蓮根、牛蒡、人参、等は最も良い食べ物である、特に体を温かくするためには、生姜が最もよいのだ、毎日食すると間違いなく寒さに強くなる。
            
            続く

« 胃と心 | トップページ | 平和を得るために »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/58291053

この記事へのトラックバック一覧です: 冷え性を防ぐ:

« 胃と心 | トップページ | 平和を得るために »