無料ブログはココログ

« 犬の治療 | トップページ | 日本人の優秀性 »

2014年12月 5日 (金)

病気治療

池野氏の病気治療
            マッサ-ジの付き添いの人が、女房がマッサ-ジ してもらっている、もう完全に治っているが、こんな結構なことはないので、続けている。
            付き添いの人が 、糖尿病とすい臓の摘出、胃の手術でするということである。
            小生が気の流れで診断すると間違いなく、そうであるので、早速治療法を教えておいた。
            その治療法は、夕食を抜く、小食にするために、爪先やかかとで歩くと、アキレス腱がちぢむので胃も小さくなる、五分前にすると間違いなく小食になる。
            10日後になっていた。小生は糖尿病が悪化すると極端に減り死の寸前になるので、気の流れで調べると間違いなく治っていた。
            姿勢も正しい、しかし、胃が 気になったので、調べると、右腕の第二関節の下の部位にしこりが会ったので、灸点を取り、千年灸をするように教えておいた。
            「貴君は殴りたい人があるのではないかと聞くと」かと聞くと「女房の方の関係で、遺産の相続で、全ての財産を取られた」そうだ。しかし、昨日結審したが、財産は取られ放しである。最大の譲歩である。
            しかし、親の面倒は見るそうだ、なぜそこまで分かるかと、しかし分からないと治療はできないのだ。
            しかし、恐ろしい事があるのだ、悪人のグル-プの一人が鳶職であった、工事中に落ち、即死であった、悪いことをする罰が当たる。間違ったことも同じだ、小生は何度もそういう事例遭遇している、2たりも亡くなったルが、小生が恨んだのではない。

« 犬の治療 | トップページ | 日本人の優秀性 »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/58179287

この記事へのトラックバック一覧です: 病気治療:

« 犬の治療 | トップページ | 日本人の優秀性 »