無料ブログはココログ

« 欧米人との相違 | トップページ | 気とスポ-ツ(武芸) »

2014年12月 6日 (土)

インフルエンザ

                                インフルエンザ
  原因
            大抵は時期は年末から、正月に過食すると七日粥が始まるころから、医者は繁盛する。皆さまは、医者が治してくれると信じていくが、其れは誤解である。
            医者に風邪の原因を聞いてごらん、大抵は知らない、人間は過食すると体内にゴミができて其処に細菌は溜まる。
            動物では腹が減らないと食事はしない、人間だけ腹を減っていなくとも、時間が来ると食事をする。
            全く奇怪しい習慣である、中には藪医者は「三食を確り食べろ」という、ゴミが溜まっているところに益々ゴミを溜めるだけである。

  風邪の治療法
            理屈抜きで完全に治するは、医者にかかる、医者にかかると症状を消してしまうので、治っているか、治ってないか分からない状態になる。
            自己の医者に頼ると良いのだ、自己の医者の指示は、先ず、「食べるな」と指示する。
            ゴミの中の細菌をこれ以上増やさない、絶食という指示に従えばよい、三日も断食すると間違いなく治る。この方法で治ると元気溌剌となり、体調がベストになる
            他人の医者の指示で栄養を取っり、点滴をすると肺炎になり、死ぬことになる。
            
下痢と嘔吐、
  下痢とインフルエンザ
            下痢は細菌を出そうとする症状である、下痢すると細菌すべてでる。その為には、ミルマグはかん下剤であるが、飲むと宿便が無くなる。
            宿便がインフルエンザの原因であるが、皆様の便は腹の中に約10日は溜まっている。原因は腹が減っていないのに時間が来たと、食べるからである。その為に胃が以上に大きくなり、十倍にもなっている。下痢して治すと正常な胃になる。
            
      下痢の治療法
            脱水症状がおきるので、水を飲みなさい、少々では駄目である。小便が透明になるまで飲むと間違いなく、下痢は止まる。
            
発熱で治す
            高熱は細菌を殺すので、体温を高くする、丼ばちに生姜、ネギ、ダイコ下ろし、醤油を少々入れて、飲むと汗が出るので、ふとんの中で寝る。
            葛根湯、地竜、みみずの乾燥したもの゛此れは漢方屋で売っている、劇的に効く、熱さまし絶対に駄目である。
            
      咳
            咳は細菌をはきだそうしているのだ、付近の人はにもうつるので。風邪にかかると慢性病になることはないのだ。人に映すのは功徳である。

« 欧米人との相違 | トップページ | 気とスポ-ツ(武芸) »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/58189197

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ:

« 欧米人との相違 | トップページ | 気とスポ-ツ(武芸) »