無料ブログはココログ

« 気『エネルギ-』 | トップページ | 気『エネルギ-』 »

2014年8月21日 (木)

気『エネルギ-』について

  吸う息
      吸う息が多いですと、欲望が強くなります、吸う息が多いですと、吐く息は少なくなり、吸う息が多いと潜在意識のなかで、欲望と無意識につながり、物欲も食欲も多くなります。
      
吸う息と吐く息
      吸う息と吐く息は常に人間の心とつながり、その長短で、性格を形作ります、そして、性格と行為は、子孫にも遺伝します。
      悪行をなした人は、潜在意識に植えられた恐怖から呼吸は短くなり、常に心は恐怖から離れることはありません。
      
  他人に迷惑や悪業
      常にその様な、悪の行為が楽しくなると言う、変な習性が出来て、次第に呼吸が変化します、誠に信じがたいことですが、事実です。そして呼吸の作用で次第に曲がった性格が出来ます。
      
  愛や慈悲の心
      正常な呼吸から、常に他人から愛される人格を造ります、又、そのような人がいますと、大変に楽しくなり人も集まってきます。
      自己も次第にその人の影響を与えられるのです、この事は、愛と言うものが、人に与える影響が強いのです。
      

« 気『エネルギ-』 | トップページ | 気『エネルギ-』 »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/57141110

この記事へのトラックバック一覧です: 気『エネルギ-』について:

« 気『エネルギ-』 | トップページ | 気『エネルギ-』 »