無料ブログはココログ

« 気『エネルギ-』 | トップページ | 気『エネルギ-』に »

2014年8月25日 (月)

気『エネルギ-』

左手や臍下丹田
    体の場所を意識することで、蓄積が出来ます、その点は東洋人は大変に、優れています、残念ながら、西欧人やアメリカ人 には出来ません、この事は正論、孔子、孟子、釈迦、等の偉大なる聖者は全て東洋人です。
    しかし、今や東洋人は西欧諸国の修羅や餓鬼の世界に入り、風前の灯火です、だから今の日本人には宗教家、禅、瞑想が欠かせません。
   
  食べること
    気『エネルギ-』をとることが最も重大なことです、一日に何分かの禅や瞑想が必要です。座って、南無阿弥陀仏を繰り返し繰り返し唱えるだけで良いのです。
    大半の人が食べることによって、生命を保っていると思っています。
   
      南無阿弥陀仏
      南無阿弥陀仏を繰り返し繰り返し唱えていると、誠に不思議ですが、姿勢も呼吸も正しいなり、呼吸も乱れることはない、正姿勢と正しい姿勢は、心の安定をもたらします。

« 気『エネルギ-』 | トップページ | 気『エネルギ-』に »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/57177902

この記事へのトラックバック一覧です: 気『エネルギ-』:

« 気『エネルギ-』 | トップページ | 気『エネルギ-』に »