無料ブログはココログ

« 袴田さんの問題の修正 | トップページ | 捕鯨問題 »

2014年4月 1日 (火)

政治の問題点

                                    正しい政治とは
        政治の問題点
        今の政治家を選択するに、相手が見えないということである、選挙民は仕方がないので有名人とか、握手するだけで選挙する。
        立候補者も今まで、政治の勉強もしたことのない、連中が、地盤、看板、金で立つ、盲目の政治家を選挙するのだ。誠に困ったことである。

        昔の施政者は
        徳川家康と天海僧正、武田信玄は快川和尚その他諸々の人は、全て禅の修行をしていた。
        今の施政者で禅をしているのは、佐藤、中曽根総理である、その他は吉田総理は山本玄峯老師に師事していた、石橋総理は法華の修行者で、優れた施政者であった。

        独裁政治
        悪か善か
        アメリカ人の様に短絡的にヒットラ-が出たという事で、独裁政治は駄目であるという思考は誠に奇怪であるは、歴史の浅いアメリカ人の思考で、全ての動物は独裁であるが、必ず慈悲深いものが指導者である。

        立候補者
        立候補者の中に日本のために政治をする信念の基に立候補するのはいないのだ、誠に悲しいことであるが、其れが記憶だけの勉強してきた、エリ-トの思想である、彼等は読み書きソロバンと保身以外はできないのだ。

        馬鹿代議士                                       
        自己の能力の限界を知り、戦後の立候補していない、吉田総理を見つけ出し、山本玄峯老師の後援と師事で、又、マッカサ-にもヘイペコしなかった、白州次郎氏が居たのであるが、しかし、今の政治家は力がないのに総理をやりたがるのである、何故なら責任をとることがないからである。

        人材の確保
        今各党に必要な事は、最も優れた総理を探し出すべきである、其れは、日航を再建した稲森和夫氏がやっていただけるなら、彼には誠にご苦労であるが、日本が立て治る唯一の道になるのだ。

  小生の思考
        今の政治家は魂も知恵もないのだ、この事実は議会の討論を見ると良く分かる、政治献金や福祉、経済政策も金々であり、結局は読み書きソロバンと保身以外は何もないのだ。

        だから総理になる人は、魂と右脳がある人が必要である、このような人は一芸に秀でた人、全ての職業、農業、絵画、僧侶、一芸に秀でた人は、例えば、宮本武蔵であるが、彼は武芸は勿論、絵画等全てにおいて優れている。

      魂と知恵
        その原因は魂と右脳(知恵)がある、今の時代でも、そういう人は居る。
        小生と稲森和夫氏を推薦したい、彼は日航を再建した功労者であるが、若し総理になると必ず日本を改善できる人である。

      代議士の自覚
        彼等が自己が如何に駄目か悟り、戦後の吉田総理のような人を探すべきである。
        それ以外に日本が立ち直る道はないのだ。

  各党の自覚
        若し党が彼を支持したら必ず、第一党になるのである。正しい目、正しい思考、正しい百年の大計、がなくして、政治はできないのだ、政治で一番の大切なことは、財政の再建である、これがない限り、政治は成り立たないのだ、その後色々のことができるのは、過去の歴史を見ても歴然としているのだ。

       

« 袴田さんの問題の修正 | トップページ | 捕鯨問題 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/55598791

この記事へのトラックバック一覧です: 政治の問題点:

« 袴田さんの問題の修正 | トップページ | 捕鯨問題 »