無料ブログはココログ

« 太る | トップページ | 気『エネルギ-』と食事 »

2014年4月 9日 (水)

健康

                                マラソンの弊害
マラソンで健康になることは不可能だ、何故なら人間も機械と一緒で、使えば消耗する、しかし、走り方がある、其れは右足の裏を意識して走る、この方法は意識しているのと、意識していない時と、全然筋肉の使い方が違うのだ。
意識して走ると、気『エネルギ-』が入ってくる、人間は気『エネルギ-』の根源は食べ物ではない、大気から得る気『エネルギ-』にある。
上半身が固いと呼吸のとの関連で、十分な気『エネルギ-』が取れないので、ジョギンクの最中に死ぬ事があるのだ。誠に危険だ。
そんな無駄なことをするより、太極拳をするか、禅をせよ、禅僧は松の木の様な筋肉をしていル、其れは彼等が気『エネルギ-』をとるコツを知っている、だから座っているだけで、気『エネルギ-』のか溜まりになる。

                                役に立たない散歩
人間は動物と違って、全く困ったことに、一期一会ができないのだ、だから無意識で歩いている人がいるのだ、この事は無意識の行動は、足を弱くするだけである。
私の友人が毎日五キロ歩いていたが、八十四才で完全に歩くことが不可能になった、小生が足の裏を想像し歩く事を勧めると、又、元気になった。
弘法大師はお遍路で、背中に物を背負うこと、杖をつく事、念仏を唱える事を勧めている、この事は念仏は意識を足に行き、充実さす事が出来るのだ。
特にアスファルトの道は気『エネルギ-』がないので、足や腰が駄目になる。散歩するなら土の道がベストである。
又、食後の散歩は弊害があるのだ、何故なら食後は食事の重さでバランスが取れなくなっているのだ。チ-タは食後絶対に動かない財産の足を痛めるからである。

« 太る | トップページ | 気『エネルギ-』と食事 »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/55703217

この記事へのトラックバック一覧です: 健康:

« 太る | トップページ | 気『エネルギ-』と食事 »