無料ブログはココログ

« 政治家の使命 | トップページ | 細胞学 »

2014年4月23日 (水)

馬鹿げた医学

                                真の病気の原因
病気の原因は過食と適食とストレスだが、最近細胞の研究が盛んに行われ、本道を逸している。
ヨ-ガ行者は言っている、人間の一生食べる量は決まったいる、早く食べると早く死ぬと、内臓の働きに限界があるのだ。言うのだ。
小生が何度も言っている様に、前出のように、胃の拡張は無意識に多量の食事をするようになるのだ、しかし、過食が病気の原因と言う医者はいないだから、医者は別に長命でもないのだ。
井の蛙大海知らずである。
細胞は吐く息と吸う息と左右の鼻の息で、コントロ-ルされているのだ、まだ、西式健康法の毛管運動によって、細胞が刺激されて、治癒がもたされているのだ。細胞のみの研究では、到底病気を治す事は不可能である。
自己の脳中に医者がいるのだ、そのことが健康も垂らす最善の方法だ。

« 政治家の使命 | トップページ | 細胞学 »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/55897368

この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿げた医学:

« 政治家の使命 | トップページ | 細胞学 »