無料ブログはココログ

« 政治と司法 | トップページ | 袴田さんの問題の修正 »

2014年3月21日 (金)

真の政治とは

                          政治とは
猿の教え
猿曰く
ホントに貴君らは幸福ですか、今や日本は病人は続出、年寄りはびっこを引いて散歩している。誠に悲しいのだ。

人間は
本当にその通りだ、全く困ったものだ、教えていただきたい。

猿曰く
貴君らは教えると直ぐに思い上がって、失敗するのだ。先ず自然に従いなさい、失敗の原因は全てが間違っているが、その中でも教育はメタメタだ、貴君らの教育は戦争ごっこの真似事だ、一般の人に高等数学や化学等を教えて、役立たずの人間造っているのだ。

猿の説教
猿は親が食べるために役に立つことを教えるのだ、そして立派な猿がになるのだ。
こともが芋洗いすると、親が真似をする、子供が神童であることを忘れたら駄目である。
君らは子供を無視しているのだ。
此処から本論
猿の社会は
万物の霊長の人間の社会に較べると、数段に優れている、人間は楽をしょうとして、ろくでもない道を行くのである。

人間の社会
人間の社会は間違ったことをばかりをしてる、特に優れた政治をしていたのに、西洋文化の物質文化に憧れ、伝統破壊し、精神文化も破壊したのである。
このよう国は日本以外はない、他国は自国の伝統守るのに必死である、

アメリカの文化
しかし、物質文明だけのアメリカの指導で世界だ駄目になりつつあるのだ、物質文明が文明と錯覚しているので金々で、自分の給与を女房に与えるのが惜しくて、殺した人間がいるのだ。また人質事件が年に五十万件もあるそうだ。
金では精神は買えない事が、理解出来な、たった二百年位の歴史では幼稚な制度になるのは無理もないのだ

何故こうなった
日本人が幸福のなるには
政治、経済、教育、全て変えるべきである、その為には一度頭を空っぽにする以外に道はない。今の日本の社会は畜生、修羅と餓鬼の地獄である。
だから経済は無駄な競争々々で、倒産が続出である、昔の近江商人と京都商人は、売り手良し、買い手良し、相手良し、精神があった、今は勝てば官軍である。これも欲望の固まりである。

具体的に説明すると

良い社会
  良き政治家を一人選ぶことである、その為に今までの西洋の選挙や議会制度の真似をするのではなく、日本独自の選挙制度を立ち上げることで、今の選挙制度と議会制度は間違った政策である。
その為に約20%しか、国民は選挙に参加していない、今後も見通しは明るくないのだ、次第に落ちていくのだ、選挙は国民に見放されている。
チャ-チルは言っている、「選挙は愚作である、しかし代わるべき方策がない」とけだし名言である。

代わるべき方策
先ず、六十年間も、馬鹿げた事を繰り返しているのだ、もう『井の蛙も大海を見よう、国民が気の毒である。
動物から観察して見よう、動物は賢明である、このよう馬鹿げたことはしていない、一つの優れた統率者によって、狩りをする、統率者に取っては失敗は絶対に許されない、飢えが待っているからである。
統率者は絶対的な権限を持ち、統率者は強いだけでは駄目で、慈悲深いことも必要である。

チンパンジ-のボスは左手は傷だらけである、判断を間違ったことをすると、雌に左手を咬まれてのである。左手というのも凄い、部下も慈悲深い、右手を咬むと食事も出来なくなるのだ、また、物を取ることも出来ないのだ。
動物は心眼持っている、生命の維持のために!!!!

愚人の政治家
間違った制度
人間は間違いの上に、正論が立つ道理がない、日教組の教育が最も問題であった、日本はもともと民主主義の国である。
カカ天下の国、男尊女卑もないのだ。民主主義を無理に押しつけたのである。定型化されて、選挙制度、議会制度や憲法が生まれたのだ。これは民主主義をやっても平等の社会が生まれる道理がない。

教育 2
教育は後述するが、此処では政治と関連している部分を説くのだ。
人間の脳は動物と違って、動物は(魂)本能と右脳だけである。しかし人間はそれ以外に左脳があるのだ。
以前は東洋人は魂と右脳と左脳があり、西洋人は左脳が発達している、西洋人と東洋人は全然別種の人種である。

狩猟民族と農耕民族の差である、
狩猟民族は動物に対する慈悲の心はない、しかし農耕民族は動物に対する、慈悲の心はあるが、今や左脳だけであるので、慈悲の心は無くなった。
『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇(あだ)は敵なり』武田信玄は慈悲深き施政者であった。これこそ真の政治である。

良い社会
独裁者
独裁が悪いのではない、独裁者が悪いのである、真の良い独裁者を選択すると間違いなく、良い政治が行なわれるのだ、前例は前述の如く、北条時宗を始め徳川家康と武田信玄、その他である。
しかし、その背後には必ず禅僧が施政者を指導していた。無学祖元、天海僧正、尚
禅僧が就いていたにも、増長のために、失敗例は織田信長と今川義元である。
戦後は吉田総理と山本玄峯老師である。

独立心の喪失
人間に取って、最も恐ろしいのは、自立心を失うことである、お釈迦さまの教えでは自燈明、法燈明である。
この事実を無視した人間は、自己のない人間であり、また、自己のない国である、日本は憲法に束縛されている限り、自主はないのだ、一刻も早く放棄すべきである。

憲法の破棄
憲法は必要がないのだ、結局は持て余すだけである、憲法ない時代の方が巧く行っていたのだ。あるとしても簡単な物であるべきだ。
憲法があると、自由が効かなくなり、それに執着し、進歩がなるなるのである。日本の様に災害が起こっても犯罪が起こらない国は、必要がないのだ。
アメリカのように人質事件が年に五十万件もある国には必要である、日本人と違って此処の人間に憲法(公徳心)がないのだ。

憲法の不備
今や第九条を持て余しているのだ、その為に憲法違反は逐条解釈でメタメタになっているの政府は憲法違反は平気である、しかし一般の人が犯すと、犯罪になるのだ。

民主主義
人民のための、人民による、人民の
この政治は、単なる砂上の楼閣である、夢の又夢である、しかし日本の江戸時代の様に一人々々が、憲法に代わるべき、魂(本能)と右脳(知恵)を持っていたら別である。
しかし日本人にも優れた統率者はいる。
所詮アメリカは夢想国である、歴史が浅いので、真の憲法に対する理解はないのである。精神文明はない餓鬼と修羅の世界である。

選挙
全く馬鹿げた、茶番である、どこの馬の骨をするか分からないのだ、選挙というものはせいぜい五十名程度の知り合いが集まりするものである。大風呂敷ではどうにもならないのだ。

議会政治
議会政治は無責任態勢である、誰も責任をとる人もなし、何時も小田原評定である、誠に困ったことである、やっていることは、常に日本のためより、党利党略である。
代議士が確りした、思考をがないからである。

税金の使い方
国庫納入
税金は先ず、節約から始まるのだ、自民党のよう無駄遣いから始まるのではない、税金は一番に国庫に納めるべきである。
その点維新の会の方は、魂はないが、右脳(実行力)があるから財政再建は直ぐに出来るのだ、今までの放漫財政であるから無駄を省くのだ。最も維新の会の人には得意の分野である。

国民の福祉
これは民衆を怠け者にし、痴呆にするのだ、一定の期間だけ援助すれば良い、失業保険の補助にするのだ。今の無策の経済政策で、後述するが、私の説明する理想の経済にすると、失業者は無くなるのだ、江戸時代は失業者はなかった、研究したらよいのだ。

健康問題
今の政府は最も大切な健康問題には厚労省は知らんぶりである、誠に冷たく消極的である。
薬屋と結託して利益の譲渡しているだけだ、病気が治った例は聞いたことがない、
我が党は某健康研究者と共同して研究に研究を重ねて、絶対に病気にならない方法を発見した。
その為病気になった人も、一カ月の入院で、必ず病気は治る、再発することもないのだ。

農薬、化学肥料や遺伝子組み替えの食物の禁止、徹底する。農薬は生産禁止にする、以前はなかったのであるから、大丈夫である。

座禅
政治と禅
政治家に禅は絶対に必要である、剣禅一致の政治と禅も同じである、全ての芸術も禅に通じているのだ、禅は修行すると、全てのことが理解できるのだ、又、上達して、悟りに入れるのだ。
昔は施政者は必ず、禅を修行したのである、北条時宗と無学祖元を中国から呼び、時宗は禅の修行をして、蒙古を打ち払ったのであるが、北条時宗と無学祖元が立てた方策は素晴しいものがあった。時宗は早死にして、北条家は滅びたのだ。
その他武田信玄と快川和尚、徳川家康と天海僧正、戦後は吉田総理と山本玄峯老師その他成功者は佐藤、中曽根総理である。

何故禅は必要か
人間は馬鹿げた教育を受けたので、又、それもテスト等で嫌がる生徒を強制して、(魂)本能と右脳(行動)とを破壊してしまった。
そりが故に、無意識で行動するので、惚け老人が多数出ている。今までの教育で記憶したことを捨てる必要がある、例えは、高等数学や化学等とか実際に役に立たない学問を捨てる。

禅の心
不立文字
今後は馬鹿げた学問しないことである、新聞も読むは必要ないのだ。代わりにテレビがある。

教外別伝
もう教えられるより、頭を空っぽにすることである、今までの教育のための無駄が我々の一生束縛をしているのだ。

直指人心
無になろう、懸命に修行すると、無になり、次第に自分が何ものであるかが、分かってくるのだ。

見性成仏
  これで、やっと自分個人の判断ができる人になった、慈悲の心を得ることが出来た。
また、目からウロコが落ちて、あるがままに物を見ることが出来るのだ、学問を受ける前の子供に戻ることが出来たのである。

猿は子供が温泉に入ったり、芋を洗ったり見て、自分達も見て、行動しているのだ。

政治と禅の関連
今の現状
今のエリ-トは、馬鹿げた教育を受けているので、白紙の状態に戻し、政治も空にして、新しく政治をやり直すべきである、ゴタゴタしているよりもこの方が余程早く片づくのだ。

選挙制度と議会制度
テスト
上記を廃止する、もし現状のままに残すなら、立候補者に簡単なテストをして、立候補者を選択する。
このテストは簡単で子供でも出来る、政治家はテスト好きであるので、自分達も受けるとよい、納得するのだ。テスト問題は私が役人と相談して代議士を抜きで作る。

格言
『我が身を抓って人の痛さを知れ』

禅の修行
又は資格者として、テストで落ちた人は、禅堂で最低一年から三年の間は禅の修行する、尚、禅の公案の解けた人は総理の資格とる権利を与える。

最後に
鞭打ちの刑
私は堤書するのだが、犯罪者に対する鞭打ちの刑である、しかし日本の政治が変わった時に取り上げるべきである。
この刑は犯罪者が目覚め、反省するのだ、だから禅でも警策がある、人間は肉体に苦痛与えるのは、裏返しの快楽である、自分を罰するリストカッタ-を見て御覧なさい。
人間は自己反省の強い動物である、もし刑務所に入れられるなら、鞭打ちの刑を多数の人が選択するのと思うのだ。

独房の推奨
刑務所に集団で入れるのは先輩の真似をして却って、仲間を引き込み指導して、犯罪者を増やすだけである。
精神的な苦痛を与える刑罰は、役に立たない、独房に入れて座禅をやらすとよい、必ず真人間になる。
施政者も犠牲を払うべきである。
これで日本は絶対に変わるのだ、政治の進路が間違っていないと、今の政治は間違っているか間違っていない以前の問題である。正しい道がないのだ。
民衆は心細いのだ、革命が起るかもしれない危機をはらんでいるのだ、真剣でないのは皆が感じているのだ。政治家の自覚こそ、国民を幸福にするのだ。
                                                                  合掌

   

« 政治と司法 | トップページ | 袴田さんの問題の修正 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/55454606

この記事へのトラックバック一覧です: 真の政治とは:

« 政治と司法 | トップページ | 袴田さんの問題の修正 »