無料ブログはココログ

« | トップページ | 政治家の頭 »

2014年3月12日 (水)

政治の改革

政治
政策論
    政治はなぜ巧く行かないか、今の政治制度が間違っている、戦後六十年近く間違ったことを繰り返し、繰り返し、アホでもボチボチ気が付いても良い頃である、しかし、誰も気か付かないのだ、上手く行かない原因はもともと政治制度が間違っている、第一に、選挙の制度である。
    立候補者は政治の勉強もしたことのない連中が立候補し当選し、これで議会制度が運営されるのである。西洋人の幼稚な思考の元に作られた選挙制度である。

    注
    英国のチァ-チルは言っている、こんな馬鹿げた制度はないが、他に変わる方法がないのだ。

  昔の思考(日本人)
    昔は、全ての人が、偉大なる統率者を見分け選択したのである、武田信玄は、家来共々、独裁者の親父を追放した。
    武田信玄の『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇(あだ)は敵なり』この選択は間違っていなかった、最後は親父も協力しているのだ。
    信玄の思想は典型的な民主主義の思想で、彼が長生きしたら、日本はもっと良い国になったのである。

  政治家の頭
    なぜ政治は上手く行かないのか、今の政治の頭は人間や動物は魂と知恵で、その他左脳でなり立っている、誠に、今の政治家は政治に最も大切な、慈悲の心、政治の最も必要である要素である。
    これは魂にある。魂をの指示を実行するのは知恵であるが、政治家は実行力もない、しかし、維新の会は、辛うじて、知恵あるのだ、だから、目標が決まっている、財政再建は得意である。
    彼等も次の目標がないのは、知恵だけで、魂がないのだ。知恵は操舵手だけでは、所詮如何ともしがたいが、政治の一番の大切を問題は、財政再建であるが、これが出来ない他党は問題にならないのである。

    例
    剣禅一味の様に、政治と禅は一味である。武田信玄と快川和尚、徳川家康と天海僧正、戦後は吉田総理と山本玄峯老師、その他、佐藤や中曽根総理と法華の修行者石橋総理である。
    禅の修行者は、概ね政治が理解できているので、まぁまぁ成功しているのである。

« | トップページ | 政治家の頭 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/55337807

この記事へのトラックバック一覧です: 政治の改革:

« | トップページ | 政治家の頭 »