無料ブログはココログ

« 病気の治療法 | トップページ | 東洋人と西洋人の差 »

2014年2月 8日 (土)

前立腺ガンと前立腺肥大

前立腺ガンと前立腺肥大
  両方の病気とも、腰を引いて小便するとよい、この病気の人は、反ったまま小便をしていからス-ムズに出ないので、尿道に傷がつくのだ。
 
心臓病
  心臓病の患者は『呼吸は吸う息』が多い、心臓病の姿勢は過食の為に反りくり返った姿勢である。
  食物では脂肪の付いた肉食が多くて、腸に宿便が溜まり、血管に入り、血液がドロドロになり、脂肪が心臓を取り巻き締める、その為に心臓の動きが悪くなり、死に至る。死因の第一である。
  贅沢病である、質素な食事をしていた、戦争中や戦後はなかった病気である。
 
結核
  今は結核が少なくなったのは、結核はガンとアレルギ-は相対する二たつである、一度に二つの病気になることはない、互い菌が闘うからである。
  ガンの『陰の実』に対して結核『陰の虚』には丸山ガンに丸山ワクチンは効いた。虚と実は両立しない。
  又、アレルギ-は『陽の実』であるから、結核の『陰性の虚』とは両立しないのだ。陰陽は両立しないアレルギ-は結核には良く効くのだ。
  今は大変に過食でアレルギ-患者が増えているので、結核は殆どなくなった。
 
花粉症
  線香は杉の種と葉で出来ているので吸っていると、免疫体が出来る、花粉症には絶対にならない、今は線香を仏壇のない先祖の礼拝もしない、粗末な罰当たりが、罰が当たって花粉症になる。

« 病気の治療法 | トップページ | 東洋人と西洋人の差 »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/54905353

この記事へのトラックバック一覧です: 前立腺ガンと前立腺肥大:

« 病気の治療法 | トップページ | 東洋人と西洋人の差 »