無料ブログはココログ

« 国民のために | トップページ | 政府の仕事 »

2014年2月17日 (月)

悪い食べ物

活性酸素の働き
  ノロウイルスの真の原因
    全く戦前には無かった病気が蔓延しているのは、過食の性である、全く今の人は医者の栄養学の為に゛食べたものがエネルギ-に変わると信じている。
    しかし過食したものは、排泄の能力失い、細菌が体内に溜まり、ノロウイルスが発生する、藪医者は、防止の方法は何時も、手洗い、うがい、マスクであるが、小生したことはないが、病気燃したことないが、防止のために最も有効なのは、線香立てることである。
    活性酸素の働きは素晴しい、昔の囲炉裏、京都の錦の魚屋さんの前の線香、お寺で食中毒があったことはないのだ。
   
前立腺ガン
    この原因は洋式便器を使用したことである、東洋人特に、日本人は腸が長いのである、その上に肉を完で食べる習慣があるので、便秘する。宿便を溜めて、前立腺ガンになる。
    もう一つは過食為に反り繰りかえった姿勢で小便をするので、前立腺に炎症を冒して、前立腺がえんしょうするのだ。
   
食べ物
    白米、白パン、白砂糖、冬に苺やバナナを食べる、最も悪い食べ物である、この食品は陰性の虚であるので、人間の筋肉に締まりがなくなり、太り力が出なくなるのだ。
    もっと政府はこう問題に取り組まないと、病人が続出して、国民健康保険は破産するのだ。

« 国民のために | トップページ | 政府の仕事 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/55025545

この記事へのトラックバック一覧です: 悪い食べ物:

« 国民のために | トップページ | 政府の仕事 »