無料ブログはココログ

« 体温 | トップページ | 視線治癒 »

2014年1月16日 (木)

集中力

気と集中力と治癒力
  集中力は気を一点に集める作業である、集中力は息を止めた時に、強くなる。集中した所に気が集まり血液が集まる。
  子供のときはケガをすると、怪我の部分がドキドキとする、この現象は血液が集まったのである。怪我し場所はかさぶたが貼って自然に怪我が治る。又、テレビを見ているときは、声をかけても返事をしないのは、息を止め必死に見ているからで、子供は集中力が強いので、治りも早いのだ。
  体内も同じである、自然でリラックスな生活をしていると、自然に悪い所に、集中し、血液が集まり、知らない間に治っている。
  年寄りになっても、禅で集中する練習すると悪い所に血液が行き、治すことが出来る。
 
自動揺振(西式健康法)
  完全なリラックスの状態になると、自然に自己が体を動かして、自己で体操して病気を治療する。
  ハタ・ヨ-ガの原型だ、この状態を得るのは、リラックスし、体の動くことを想像すると、簡単に出来る、出来ないと思っているから出来ないのだ、自己催眠である。
 

  西式健康法では、この療法を取り上げて治療して先生がいるが、不調の場所を治すために千差万別の体操するものだ。
 
万病に効く南無阿弥陀仏
  一遍上人が勧めたが、南無阿弥陀仏を唱えると、呼吸と姿勢が正しくなり、リラックス出来て万病に効くのだ。
 
  例
  私の友人が、医者では治らない病気にかかったので、その症状は、立つと目眩するということで、寝放しで、起きられないので、寝たきりで、体力は弱り、もう駄目だといっていたので、小生は「南無阿弥陀仏を始終唱えなさい」言っておいたが、3カ月後には完全に治った。
  この人も意志が強いが、誰もが口癖にして習慣化すると何時でも唱えられるのだ。

« 体温 | トップページ | 視線治癒 »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/54624387

この記事へのトラックバック一覧です: 集中力:

« 体温 | トップページ | 視線治癒 »