無料ブログはココログ

« 胃と病気 | トップページ | 病気の原因 »

2014年1月23日 (木)

高血圧症

高血圧のタイプ
  高血圧症のタイプ人は過食のために腹が前に出て、空気(気)の代わりに、排便が悪く溜まった糞(量は十日から十五日分ぐらい)で背骨を立てるのだ、腹の中に糞溜めを抱えて歩いているである。この姿勢は『吐く息が短く弱い』ためである。
  断食すると十日から十五日位綺麗な便が出る、糞腹の状態は慢性病(高背血圧、ガン)になり、又、糞で体が臭くなる。このタイプの姿勢の腹を糞腹と呼ぶのだ。誠に不健康な状態である。
 
  臭くなった体を誤魔化す為に、臭気とりや、香水が使われるのである。パブリ-ズ売れ有名になる。
 
○注
  臭くなるのは殺菌のためである、細菌やウイルスが臭いのだ。消臭剤が大流行である。
 
適正な食事の人
  二食の人は食事の量が少ないので、便が溜まらないから、胃や腸の丹田回りに余裕が出来て丹田呼吸が出来、気が溜まる、結局は胃が小さく邪魔しないからである。
  丹田に気が溜まると、気力が充実する、背骨を糞ではなく、空気で支える、この腹を気腹といい健康な人の腹で、姿勢が正しくなるので、健康で幸福である。
 
今は地獄である
  三食を食べている人には気腹はなく、全て糞腹である。相撲取りも気腹の人は強く、過食の人は左足を痛めるので、最終的には強くなることは無理である。
  糞腹になると重心がカカトにかかるから、押されると強いが、前に引かれると、倒れる。
 
糞腹の世界
  今は世界中の人が糞腹であるので、世界中が修羅と餓鬼道に落ち、政治も教育もメタメタになった。
  その原因は過食で、修羅・餓鬼の政治家や教育家、又、マスコミが政治を動かしているからである。欲得と限りなく続く戦いの地獄の政治の世界である。
 
  ○注チ-タは最も腹が減ったときに獲物が取る、空腹は力なり、ハングリ-で精神も強くなるのだ。腹が減ったときのない、人に満足の政治ができる道理がないのだ

« 胃と病気 | トップページ | 病気の原因 »

亀仙流医術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/54712108

この記事へのトラックバック一覧です: 高血圧症:

« 胃と病気 | トップページ | 病気の原因 »