無料ブログはココログ

« 苛め | トップページ | 自然治癒力 »

2013年12月 2日 (月)

憲法論

私の憲法論
学者は色々行っているが、私は同志社大学(経済学部)卒であるから、田畑憲法論は聞いた。そもそも日本人は西郷さんが案じていたように、西洋の真似ばかりしているのだ。
根本的には西洋人と東洋人とは本質的には異種の動物である、彼等には肉体の構造上において、精神文明を会得することは出来ないのだ、物質文明だけに、憧れるのである。
憲法なんか、西洋人が人民を束縛して、戦いによって国を守ろうとしているのだ。
教育制度も同じである、この様な、日本は大久保利通や朝倉具視2たりの、ドイツの政治制度に憧れて、拳々服膺して頂いてきた。
そして日本丸はサルガッソ船の墓場に行くのだ。大体日本人は優秀であるから、武士道を守る限り憲法なんか必要ないのだ。こう言うと『井の蛙大海を知らず』
はビックリするのだ。
一刻も早く放棄を宣言せよ、そうすると他国は日本が如何なる方向にいくか、怯えるのだ、アメリカから頂いて来た、憲法後生大事に持っているが奇怪しいのだ。
昔は放棄を言った政治家が居たのだ。日本は他国に依存している限り、他国から馬鹿にされるだけだ。

« 苛め | トップページ | 自然治癒力 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/54119840

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法論:

« 苛め | トップページ | 自然治癒力 »