無料ブログはココログ

« 怠惰な政治家 | トップページ | 苛め »

2013年11月 5日 (火)

武士道

政治をするものは失敗したら,腹を切るべきである、日本の国を預かるようで重大な仕事を預かり、自己満足で得々としているだけだ。
昔の武士なら失敗したら、必ず責任をとったる。私は命をかけてやっているのだ、朝の3時に起き、禅をして、正しい道を選択してパソコンに向うのだ。死に物狂いで、文を書くのだ。
諸君らの文章には、表面の討論があっても、根っこがないのだ、山本玄峯老師の耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍びという名文で、金も何もしなくても、真実であるから国民は納得する。
真実ほど怖いものない、貴君らの文には真実はないし、又、マスコミにもないのだ。
フエイス・ブックが真実を追求するものであるなら、私の文は正しいのだ。

憲法の問題でも色々と討論しているが、押しつけられた馬鹿げ憲法は放棄が正しいのだ。元々憲法は日本にはなかった、その原因は日本人は高度の武士道と言う個人々々に自己の憲法持っていたのである。
西欧の野蛮人は騎士道というものはあったが、早くに消滅して、全体として、道徳を押しつけたのである、それが憲法である。
若し日本が憲法放棄すると宣言すると、世界はビックリするのだ、特に中国なんか、又、軍国主義に戻るのではないかと、何が出るかは恐怖を感じて、大人しくなるのだ。断乎たる姿勢が相手を畏敬せしめるのだ。
あまチョロい姿勢では外交は成立しないのだ。

« 怠惰な政治家 | トップページ | 苛め »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/53832094

この記事へのトラックバック一覧です: 武士道:

« 怠惰な政治家 | トップページ | 苛め »