無料ブログはココログ

« 自然治癒 | トップページ | パソコンのウイルス »

2013年8月17日 (土)

憲法論

                                憲法
憲法とは
憲法や法律は必要であるか?、全く今の時代に全く次第に人間は馬鹿になっているのだ。何故なら、其れは、憲法とか法律と、言うものは、権力者が国民を憲法や法律によって、国民を呪縛することが必要であり、西欧の教育程度の低い国民を強い軍隊を作るために、法律によって今の間違った教育を作ったのである。

文明の退化
最も世界に秀でた教育を持った日本が機械文明に憧れて、自国の最も優れた、文化を捨て、退歩して行ったのである、一度の間違った敗戦と事実であるが、実際はそれ以前に多数の間違いの本に生まれたものである。
権力者によるものではなくでも、国民が一人々々が憲法で法律であるなら、人を束縛する憲法も法律も必要がないのだ。

日本の教育
外人が日本に来たときに最も驚いたのは、教育程度の高さであった、子供の識字率は九十パ-セントであり諸外国とは格段の比である。
彼等は全ての人が侍を模範としているので、武士道が生活の根本となっていたのである。
その時代に憲法は必要なかったのである、だから礼儀正しく、優しく、教育程度は高かったのである。

西洋の文化の真似
其れが命取りになったのである、その為に教育は間違いを起こし、大日本国憲法を賛辞して後生大事に造り、『狸の葉っぱを札と間違った』ので、また物事を憲法内に閉じ籠もり、『井の蛙大海を知らず』である。
選挙は何処かの馬の骨が分からないのを選挙して、議会は『船頭多くして、山に乗り上げて』
政治はメクラであるから蛇におじずに進んでやがて、日本は蛇にかまれるのだ。

正しい道
最も恐ろしいのは、お釈迦さまの教えである、自燈明、法燈明である。他力を頼る勿論憲法も法律もそうである。アメリカとは手を切るべきである。
自分が思考に思考したものが本物であるし国民をすくうのである。
そのような人間を作るためには、議員の半数程度を、3年間禅道場に修行させたら、自己判断が出来ない議員なんか必要はないのだ、三年後に禅道場に、これで完全な世界に冠たる政治が出来るのだ。
禅は政治である、吉田総理は山本玄峯老師の指示で一切を仕切り、良い政治であった、マスコミが、駄目にした。
禅は佐藤、中曽根総理は少々は良い政治であった、最も優れていたのは石橋総理であった、この人は法華の信者で禅より厳しい修行をしたのである。

その他の例
北条時宗と無学祖元、武田信玄と快川和尚、徳川家康と天海僧正、禅の修行をして、禅僧に背後を守られて、成功は数限りあるのだ。
禅こそ妙薬である。これくらい改革しないと日本は立ち直ることは不可能である。
メクラのマスコミ、議員さんしっかり頼みまっせ。

« 自然治癒 | トップページ | パソコンのウイルス »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/52912594

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法論:

« 自然治癒 | トップページ | パソコンのウイルス »