無料ブログはココログ

« 政治 | トップページ | 副腎皮質ホルモン »

2013年6月27日 (木)

閑話休題

閑話休題
皆さんよろしくお願いします。今回小生は石井よしあきさんとお会いして、タイアップする事になりました。
維新の会はやっと日本丸に羅針盤が付いた形になりました、もうこれで日本丸は漂流して、サルガッソ(船の墓場)いくことありません。
禅者と政治の結びつきで、初めて日本の政治が行くべき道が決まるのです。古来、北条時宗と無学祖元、武田信玄と快川和尚、徳川家康と天海僧正、吉田総理と山本玄峯老師、禅者と政治、小生、山本玄峯老師の弟子の宋円老師の孫弟子である梅城老師の教えをうけた者です。
山本玄峯老師は時の代議士の田中伊佐治氏が相談し、山本玄峯老師は天皇陛下は象徴にしなさいという助言で、天皇は戦犯を免れたのです。
大変な危機でした、山本玄峯老師は『耐がたきを耐え、忍びがたきを、忍び』という名文を作って、沈滞していた日本国民をすくいました。
私は残念ですが、老師ではないのですが、五十年近く修行によって、難問である、公案を解き、若し僧であるなら、老師になれました。
公案は十才未満の子供なら皆解きます。大したことはないのですが、今までの教育が間違っているから日本人は駄目になったのです。

先ず日本の行くべき道は一切依頼心捨て、心に自立心を持たない限り、日本は立ち直れないのです。
お釈迦さまの教えは自燈明、法燈明です、お釈迦さまの教えは常に正道ですから、この教えに従えば日本は必ず立ち直ります。
その点において、私の言葉には大抵の自民党や民主党のその他の大抵の代議士は逃げ腰です、だから何時まで経っても、政治方針がないのです。
石井よしあき先生は、決断力があり、理解力もあるのです、自民党や民主党のその他の擦れからした代議士は、肥壺を温泉と間違って入っている連中では話にならないのです。

維新の会は遂に羅針盤が付いた政党になり、日本丸正しい道を行きます。
先ず、憲法の破棄です、憲法は西欧の精神的後進国が作って守っていたきました、彼等は自己の羅針盤を持っていませんので、憲法を造り其れに従ったのです、その為に憲法に逆に束縛されて、発展が止まったのです。
だから賢明な日本には明治以前にはなかったのです、明治維新のときに、西洋を真似するなと警告したのは西郷隆盛先生だけでした。
西郷隆盛先生は禅の修行者で、流刑の地で毎日禅の修行をして居られたのです、其れを公家の阿呆の朝倉具視が煙たくて、権謀術数で殺したのです。その為に羅針盤を失いました。
日本は物質文明だけの餓鬼の世界になったのです。
日本人は自己判断できたのでず、其れは武士道と言う自己の羅針盤を持っていたからです、自己が憲法であったのです。
続く、真の経済

« 政治 | トップページ | 副腎皮質ホルモン »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/52195608

この記事へのトラックバック一覧です: 閑話休題:

« 政治 | トップページ | 副腎皮質ホルモン »