無料ブログはココログ

« 子供は神童だ | トップページ | 禅の道 »

2013年5月 2日 (木)

放棄

禅による知識の放棄
知恵を活躍さすためには、知識は捨てるべきだ、新しい考えが思い浮かばなくなる。禅では不立文字、教外別伝(読んで記憶したこと、教えられたこと一切捨てるということ)。

行政の無知
知恵と魂の優れている点は、百年の体系と慈悲の心持つことができる人間になる。政治家にはもっとも必要なものは魂と知恵の働きなのだ。
政治家は新聞記者や其の他の文筆家より優れいるべき、裁判官・政治家・官僚が、新聞記者や其の他の文筆家のものを参考にして判断しているので、裁判官は新聞記者や文筆家のコピ-しか過ぎないのである。常にこのような悪習に従っているので、改革や進歩がないのだ。

  例
例えばポリブクロの問題でも、生産停止が出来ないのだ、勇気のない証拠である。
若し行動を起こして自分に被害が有るのではないかと、思考するのである。
シンガポ-ルを見ろ、チャウインガムが清掃に困難であるということであると、生産を停止してしまった。全く簡単である。麻薬も持ち込むと死刑だ、単純明快である。
二つとも絶対に必要なものであるのだ。

« 子供は神童だ | トップページ | 禅の道 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/51457289

この記事へのトラックバック一覧です: 放棄:

« 子供は神童だ | トップページ | 禅の道 »