無料ブログはココログ

« 真の政治 | トップページ | 政治家よ反省しなさい。 »

2013年4月26日 (金)

船頭多くして山に乗り上げる

政治と禅
本能と右脳がある政治家を選ぶ方法は、選別の方法は皆で研究したら良い私にも案があるが、高僧に判断していただくと間違いない、公案が解けるようだったら絶対に間違いがないのだ。戦国時代は禅僧のスイセンも有力だった。
先ず国を治めるためには、禅僧を捜すべきだ、北条時宗はまず無学祖元を捜して大勝したのだ。

優秀な総理が選出されるなら、政治を動かすのは一人で十分である、少なくとも三人までである。

修行者
一芸に秀でていること、禅や既成の宗教の修行者、政治家を目指して魂と知恵の開発に専念している人が必要なのだ。
誰でも立候補できるのが、問題である。
立候補したから誰でも選挙するのは全く、選択の基準分からない国民には、もともと上手く行く道理がないのだ、政府は代議士の選択の基準を決めるべき時が来たのだ。
禅の修行や、他の既成の宗教で激しい修行した人だ、例えば一番の例として、世界を牛耳った、故石橋湛山総理だ。

« 真の政治 | トップページ | 政治家よ反省しなさい。 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/51378247

この記事へのトラックバック一覧です: 船頭多くして山に乗り上げる:

« 真の政治 | トップページ | 政治家よ反省しなさい。 »