無料ブログはココログ

« 日本の政治家は反省しなさい | トップページ | 子供は神童だ »

2013年4月30日 (火)

最強の軍隊

日本滅亡
徴兵制度
日本の滅亡は身近にある、本当に目覚めてないと大変なことになる。本当に日本を愛するなら、徴兵制度を敷いて、隊員に座禅の修行をさませば良い、士官も必死になって修行して、部下を説得するタメに座禅を修行すべきだ。


戦国時代に、スペインの王様が、なぜ黄金の国日本を攻めないのかと聞くと、あんな強い国と戦っても、勝つことは難しいと言った。
日本は憲法第九条は実質のないウソ憲法だから、破棄すべきである。
アメリカに押しつけられた魂(本能と右脳)のない恥ずかしい憲法だ。

○注
禅は宗教ではない。

最強の平和部隊
その戦国時代の日本は確かに最強の軍隊だった。座禅によって、武田信玄、上杉謙信、徳川家康、北条時宗、等は禅者又、背後に禅僧がいたのだ。
『桜井嬢が小説新潮に書いていたが、日本はやがて中国の下請けになる』というこれはほんとだ。
何故下請けになるかというと、独立心を失い、他を依頼するからだ。魂と本能のない国民は絶対にリ-ダシップを取れない。

慈悲こそ政治の要である。
昔の武将は慈悲の心も強かったのだ、禅は平和的で、最強の防衛軍を作ることができるのだ。これが最期の道だ。
防衛のためには原爆も必要である、アメリカが原爆を止めるまでは、日本も持つべきだ。
禅僧は尊敬されても、絶対に無視されることはない、気力があるからだ

禅をやって、政治家よ目覚めよ。

真実
知識で行動することはない、知識マニアルで、知恵は操作だ、行動を操縦するものは、魂である。魂こそ真実である、知識に頼るものは破滅するだけだ。

『人間は誤りから真実に進むことは決してない、真実から真実に、只真実の程度をますことができるだけである』

« 日本の政治家は反省しなさい | トップページ | 子供は神童だ »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/51430710

この記事へのトラックバック一覧です: 最強の軍隊:

« 日本の政治家は反省しなさい | トップページ | 子供は神童だ »