無料ブログはココログ

« 選挙民の自覚 | トップページ | 真の政治 »

2013年4月25日 (木)

古人の様に総理は禅をしろ

禅の修行
禅の修行をした人は、政治に精通しているのである。選ばれるべき人物は必ず禅を修行した人物であり、特に総理は公案(禅の問答)の解答出来る人物であるべきだ。
総理でも中々公案が解けないので、しばらくは老師が後で、カバ-したら良いのだ。徳川家康と天海僧正の関係だ。
戦後は吉田総理の背後に山本玄峯老師が、其の他禅の修行者は佐藤と中曽根総理である。

動物の世界を見てみてくれ、選挙のような馬鹿げたことをやっているのは居ない、動物の数の少ない群には必ず長ができるのである。選ばれるのは、必ず強いものより慈悲深いものである。政治家には若い人が良い、勉強を余りしていない人である。
勉強のしていない人は記憶に捕らわれないので、自由な発想が出来るのだ。
大工さんが公案を説いたので驚いた。
今の知識人が社会をメタメタにしているのだ、彼等は人の真似ばかりである。
間違いなく、大人が制御してないと、立派な政治をする、神童であるからである


アメリカの大統領選挙は、ほら吹きが選ばれるのだ、幼稚な国である。お釈迦さまの教えのなかにも、ほらは一時が良いが、やがて駄目になるのだ。
現総理も、やがて墓穴を掘るだろう。

« 選挙民の自覚 | トップページ | 真の政治 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/51364868

この記事へのトラックバック一覧です: 古人の様に総理は禅をしろ:

« 選挙民の自覚 | トップページ | 真の政治 »