無料ブログはココログ

« 自然と自己 | トップページ | 総理は禅が必要である。 »

2013年4月20日 (土)

自然と一体

宇宙の仏(ブラフマン)
宇宙の仏(ブラフマン)が常に人類を救おうとしている、自然の理に従わないと、人類滅亡という最期のつけを払わなければいけないのだ。

人口が増え、建物を建て、重力がかかると断層がずれるのではないか、なぜ人口の少ないところに災害が少ないのだ。

知恵の思考
宇宙の仏(ブラフマン)に従い、もし日本が三千万~六千万の人口だと、ストレスはなく、利益に対する分配金も増え、賃金は高騰して、生活は楽になる。
切り抜けるのも自然の理に従って行くと良いのだ、一時は苦しくとも最期は安楽になる。日本の国を滅亡から救うのは正しい教育だけである。

« 自然と自己 | トップページ | 総理は禅が必要である。 »

政治」カテゴリの記事

コメント

人間は仕事が完成したときには、死を恐れないのだ、死を完成と思う人もいる。自己の判断で軽率な判断をするべきではないのだ。
チリメンジャコのよう修行燃していない人間が人を説得なんかできないのだ、自殺しぞこなった人は後悔するだけだ、陸に上がった鯨が沖に戻されて迷惑と思うだけだ。
山本玄峯老師は九十五歳の時の年末に「ボチボチ死にたいが」言われたら、お弟子さんから「こんな年末の忙しい時に無茶は言わないでください」と六ヶ月後に亡くなった。
又、終戦後の只一人原爆の被害でアメリカに抗議した、南大佐は、「これだけ正義の為に戦っているのだから、死なんか恐ろしくないといわれた」日本で最も勇気のある人である。
お釈迦様は八十二歳の時に、死を目前にして、お釈迦様の力なら自分の病気を治す力は当然あった。
弟子の懇願にも関わらず,亡くなられたのである、それに反する高僧もおられるのだ、『ケイガイ和尚』は「死にもとない」お弟子さんが、もっと気の利いた言って下され」と言ったが「死にともないのは、死にともないのだ」それで終いであった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/51302389

この記事へのトラックバック一覧です: 自然と一体:

« 自然と自己 | トップページ | 総理は禅が必要である。 »