無料ブログはココログ

« 隕石 | トップページ | 禅とは »

2013年2月19日 (火)

自己の仏(ア-トマン)

自己の仏(ア-トマン)とは
宇宙の神(ブラフマン)は、自然である、この事は人間は自然を破壊し、自然に順応が出来ないのだ、自己の仏(ア-トマン)は宇宙の神(ブラフマン)との対話が出来ないのは、人間だけ自己の仏(ア-トマン)を失っているのだ、又、其れを、持つていることさえ、感知できないのだ。
白隠禅師は『自己本来仏なり』と看破した、何故人間は自己の仏(ア-トマン)を失ったかというと、間違った学問を学習したからである。
学問というものは、実社会と結び付いたものである、しかし人間は如何なる意図か分からないが因数分解を初め実社会に役立つもの勉強をしていないのである。
役に立たないものが、真の学問として教えられてきたのである、しかし子供は神童であるから、今の学問を拒否するが、テストや受験勉強によって強制的に勉強させられると、魂(本能)と右脳が破壊されたのである。
左脳(読み書きソロバンと保身)である、今の代議士は読み書きソロバンと保身だけである、金銭的な救済が福祉と勘違いしている、民衆まで、魂と右脳が破壊されて、乞食になっいるのだ。
今の代議士は、公徳心『魂から生まれるもの』又、右脳『行動力』もないのだ、必ず数字だけの世界である。
最も宇宙の神(ブラフマン)が恐れているのは、人口の稠密である、その為にあらゆる動物は間引きしているのだ。
昔は人間もしていたが、今はしていない、其れは自己の仏(ア-トマン)を失ったのである、今救いがあるのは、全ての人間が禅の修行をする以外は道はないのである。

« 隕石 | トップページ | 禅とは »

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/49500963

この記事へのトラックバック一覧です: 自己の仏(ア-トマン):

« 隕石 | トップページ | 禅とは »