無料ブログはココログ

« 新聞と正論 | トップページ | 人生に役立ついろは カルタ »

2012年12月27日 (木)

日本滅亡 総集編

   
    日本はだめになる。
    日本は何故、駄目になるかというと、日本は明治時代以前は素晴らしい文化を持っていた、その為に約二百六十年も平和を保つことが出来た、その政治制度は完全であった。
    この素晴らしい伝統文化を捨てて、しかも一部だけではない、殆ど日本の伝統文化が悪の様に思考して、特に悪いのは、岩倉具視は軽薄な物質文明に憧れて、野ツボにはまったのである。
    温故知新の西郷さんは彼等に殺され、日本の伝統文化は絶えたのである。そして軽薄な西洋文化を取り、固有の正しい日本の文化を忘れたのである、これほど伝統文化を捨てて、変身した国もないのだ。全く化け物である。
   
  取り上げたのは
    アメリカの物質文化であり、民主主義である、二百五十年しかの歴史しかない国に正しい文化が生まれる道理がないのだ。
    『人民による、人民の、人民のための』人民による、人民の、こんなものは間違いも甚だしいのである。
    人民よるとは、頭のないカマキリである、他は金のための、金による、政治である。
   
   
  選挙、議会政治、憲法
    こんなものは全てまやかしである、このように間違った政治をしていると、砂上の楼閣と同じである。
    積み上げても積み上げても、正しい道に戻ることはない。アメリカの選挙も同じだ。
    アメリカのような未熟児の真似を予想、日本の文化を温故知新で思考すると最も良いのだ、江戸幕府の成果を見てくれ。見習うべきことは山程ある。
   
  お釈迦さまの遺言
    独りよがりの考えに安んじている人は、その独りよがりがこそが、真実と思い込んで同調しない人と対立し争う。時にはその独りよがりが、称賛を博することがあるとしても、全体を通して見れば、嘲笑の的になるにすぎないのだ。
   
    アメリカの大統領選挙か、『お釈迦さまの教え』に反しているのだ。
    だからフセインによって、正しい政治をしていたイラクはアメリカの干渉によりメタメタになった。アメリカはさっさと逃げてしまった。
    結局は他人頼みほど恐ろしいことはないのだ。イラクの国民の多数の人が以前は良かったと思っているのだ、タイも民主主義を採用して駄目になり、日本も同じだ。
   
  今の日本の選挙
  今の政治の討論は勝った方は、一時期は拍手を得るが、討論は中味のないものである、何故なら、其れはマスコミや過去のもので、自己の仏(ア-トマン)のものではない。すなはち、魂のないものである。
事前にこのような状態になるということを、知っていた、昔の施政者は、武田信玄は快川和尚、徳川家康と天海僧正、戦後は吉田総理は山本玄峯老師、日本は正論のない国であるから、正しい進路はないのだ。
だから施政者は禅の修行をし、またシンクタンクに禅の修行者を選択して道を間違わなかったのである。

  禅の修行者
    人間でも動物でも、本能と右脳は存在しているのだ、だから動物は正道を歩み、民衆も正道を望んでいる。
    動物は滅びることはない、人間は動物より高度の魂を得ることを目指したが、左脳(読み書きソロバンと自己と保身)だけが発達して、秀吉の様に商業政策に溺れ滅びた。(司馬遼太郎の疑問)日本も同じ道を歩もうとしている。
    日本は禅の文化に従い、進展してきた、その文化は気『エネルギ-』を集中力によって得たもので、正道であるから間違いなく文化は進展する。
    西洋文明の学問は、左脳(読み書きソロバンと自己と保身)だけである、最も必要である魂(本能)と右脳を間違った学問で頭を破壊した。これは西洋の物質文化の真似をしたからである。
    プ-タンの国王は日本人のように軽率ではないのだ、アメリカは今や日本の文化の真似ようとしている。
   
    禅ほど高度の政治的技術を得ることが出来る便利なものはない、昔は間違った教育を強制的に教えることもなかったので、禅をする必要がなかった。
    画一的な人間が出来る事がなかった、今の西洋の学問ほど、日本を駄目にしているものはないのだ。もし日本人が、全員禅をやるとしたら間違いなく、世界のリ-ダ-シップを取ること出来るのだ。
   
    みんなの党の人(私はみんなの党に加入済み)が、全員禅の修行するなら、相手の党は左脳(読み書きソロバンと自己と保身)だけである。
    阿部氏のシンクタンクも学者であるから、左脳だけの人物だから、心配することはないのだ。
    佐藤・中曽根 総理の様な、野弧禅に近いものでも、良い政治をしている、真剣にやれば間違いなく、第一党になることは間違いないのである。
   
    禅ほど簡単なものはない、色々と屁理屈を言うから難しく感じるのだ、動物は皆禅をしている。
    一遍上人のように、念仏を唱えるだけで、十分にゲタツ出来て正論を得ることは可能だ、南無阿弥陀仏の威力は素晴らしいのだ 。
   
    禅のすぐれた点について述べる、この事は私の経験から見て、禅は無になり、忘れることではない、頭が空っぽになるので、役に立つ色々のことを思い出す。
    外国に行くと、英語が必要になるので、思い出す、私のお弟子さんが突然英語を話したので驚いた。
    彼は禅の修行をしているので、外国において、役立つ英語を思い出す、人間は絶えず、物思いに耽っている。
    食べ物や元気な人はセックスのことを、金儲けのことを、誠に浅ましいことだ。
    この点では、政治家も一般の人も同じである。
    その為に適正な政治が行えないのだ。肝心のときには役に立たない、禅を修行している人は、無心になるので、全ての武芸や芸術が優れることができるのである、この事は宮本武蔵が、剣術だけではなく、絵画や文書(五輪の書)にもすぐれているのである。
    如何に努力しても駄目なのは、集中力がないからだ、だから禅の修行をする、行き詰まりから脱することができるのである。
   
    政治家には絶対に禅は必要である、この事実は、佐藤、中曽根総理の政治的成功がある。
    しかし中曽根総理の息子は座禅をしていない、誠に真剣に政治に取り組む意志があるのか、疑問である。
    彼等は思考は、禅の修行の時間は勿体ない、それ以上にチョコマカしている方が政治には役に立つと思っているのだ。
    彼等は井の蛙大海を知らないので外を見ることは不可能である、だから間違った学問から脱するためには、より禅が必要である。
    無明の救いのない、心で何もできないのだ。
   
    蒙古襲来のときに如何に切り抜けたか、現象は今と余り変わっていないが、かれらは南宋が蒙古に浸食されて、南宋の禅僧が、多数日本に逃れてきた。
    無学祖元の建長寺の館主等に北条時政、北条時宗は武将に禅を勧めて、百戦錬磨武将が出来た、造った。蒙古に勝ったのであるが、彼等は禅の恐ろしさを知らなかったのである。
    禅というものは予知力で、正しい道を察知するのである、象が津波を察知して鎖を切り、逃げたのであるが。このように、禅は天運『宇宙の仏(ブラフマン)』と禅は、禅の修行をしている武将は、勝つことを察知していたのである。
    また、宇宙の仏(ブラフマン)と自己の仏(ア-トマン)との対話で、台風がくることも知っていたのである。
   
    今の政治は、戦後の総理で禅の修行をしたのは二、三人しか、居らない、誠に不謹慎である、その為に宇宙の仏(ブラフマン)と自己の仏(ア-トマン)との対話がないので、正しい道を進むことは出来ないのだ、今の政治家は日本破滅さす元凶である。
    阿部のおっさんには困ったものである、自信がないので、やることなすこと間違っている。
    私は対話して、正しい政治家を造ることが大切であるが、今やその工作をするために色々と苦労している期待して頂きたい。
    一番大切なことは正道だ、其れを知らすのは、マスコミだが、やっと正論は私から産経に送っている、もう解決がつくものと思っている。
   
    ましなマスコミは正論を欲しがる新聞で、駄目な新聞は正論に耳を貸さない、新聞だ。
    編集者が井の蛙大海を知らない、新聞と正論を捜している新聞である、エリ-ト新聞ほど危険である、何も中味がないからである。
    今は見出しと、放送番組、株とスポ-ツ欄でしか見ない読者が多いのだ、産経は少々読む所があるのだ。
    しかし正論を求めて、意欲的である。
   

« 新聞と正論 | トップページ | 人生に役立ついろは カルタ »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/48483054

この記事へのトラックバック一覧です: 日本滅亡 総集編:

« 新聞と正論 | トップページ | 人生に役立ついろは カルタ »