無料ブログはココログ

« NHKの歴史観より | トップページ | 女性の犯罪 »

2012年11月11日 (日)

公徳心

   

    公徳心は教育から生まれるのであるが、今はもっとも大切な公徳心の教育はない、知識の教育だけを行い、記憶さすために、試験をして競争心をあふり、強制的に勉強さす。
    それで生徒の魂と右脳が破壊されるのだ。
    神童はその結果只の人となり、教育は只の人を造るだけでた、その教育は人間の百科辞典を造っただけである、賢明な生徒は不登校生徒になる。又、母親を殺す、この行為は正義であるから、後悔はないのだ。
    その様な連中が政治をやるので巧く行く道理がないのである。
    社会においても、司法試験は六法全書の記憶である、だから判例だけを取り上げて、自己判断で裁判をすることはなく、もっとも大切な魂判断はない。裁判は直感力で判断するが、その能力もない、人が日本で一番の高給取りである。
   

« NHKの歴史観より | トップページ | 女性の犯罪 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/47798523

この記事へのトラックバック一覧です: 公徳心:

« NHKの歴史観より | トップページ | 女性の犯罪 »